はるか遠い未来、人類の黄昏『死なないセレンの昼と夜 ―世界の終わり、旅する吸血鬼―』【感想】

ライトノベル

 

 

あらすじ

世界が滅びてから、もうずいぶんと経った。
だが、干上がり、荒れ果てた大地にへばりついて、どっこいヒトは生きている。
そしてまた、ヒトではないものも――
だからあなたも、もしかすると目にすることがあるかもしれない。
荒野にサイドカーで現れる、オールドファッションなコーヒー屋台と、それを引っ張る、お気楽に退屈な永遠を生きている「吸血鬼(ノスフェラトゥ)」を――。

「一杯やってく? 話くらいは聞くけどさ、面倒ごとはごめんだよ?」

それは不死の少女が黄昏の時代に語り継ぐ、ご機嫌でお気楽な、ヒトの終わりの物語。

電撃文庫から引用

 

作品

タイトル 死なないセレンの昼と夜 ―世界の終わり、旅する吸血鬼―
著者 早見 慎司
イラスト 尾崎 ドミノ
発売日 2021年10月8日
ISBN 9784049140439
ページ数 296

 

感想

 

貴志貴志
貴志貴志

昼と夜で姿が変わる吸血鬼のセレンは不死の者

しらかみちゃん
しらかみちゃん

世界が滅びる前から生きていて、滅びた世界で今日もコーヒーを振る舞っていました

貴志貴志
貴志貴志

ヒトではないセレンがヒトに貸し借りをしない者で等価交換をしっかりしていて

しらかみちゃん
しらかみちゃん

お金がない世界では水やその他のもので代用していました

貴志貴志
貴志貴志

吸血鬼であることを隠しているわけでなくけど話すほどのことでもなく

しらかみちゃん
しらかみちゃん

必要なら明かしてでしたがほとんど明かしていました

貴志貴志
貴志貴志

その時々のヒトの反応

しらかみちゃん
しらかみちゃん

珍しがるヒト怖がるヒトと正直なヒトの反応

貴志貴志
貴志貴志

長い時を生きたセレンの反応はもう見飽きたものから珍しい反応までありました

しらかみちゃん
しらかみちゃん

コーヒーを振る舞い面倒ごとに絡まれながら生きていく彼女

貴志貴志
貴志貴志

何が目的?というわけでもなく、この終わった世界でただひたすら旅をしていました

死なないセレンの昼と夜 ‐世界の終わり、旅する吸血鬼‐
はるか遠い未来、人類の黄昏――ヒトの終わりに付き添う、吸血鬼の物語。 世界が滅びてから、もうずいぶんと経った。 だが、干上がり、荒れ果てた大地にへばりついて、どっこいヒトは生きている。 そしてまた、ヒトではないものも―― だからあなたも、もしかす…




 

コメント

タイトルとURLをコピーしました