「二番目」が二人いても、いいでしょ? 危うい関係は崩壊し、そして『わたし、二番目の彼女でいいから。2』【感想】

感想

 

 

あらすじ

「私、二番目の彼女でいいから」

彼女のその言葉に甘えて、俺はみんなに隠れていまも、悪いことを重ねている。
早坂さんと夜の教室で二人、いけないことをして。橘さんと真夜中、こっそり見知らぬ駅でキスを交わす。そんな早坂さんと俺と橘さんの甘い泥沼は、けれど。

「今度、私の全部をあげるね。だから、ちゃんと受け止めてね。逃げないでね」

大胆になっていく好意の果てで、もう、落としどころを見つけられない。
一番目じゃなくて、いいはずなのに。
二番目のままでも、いいはずなのに。
互いに言い訳をしながら、競うように壊れていく俺たちの関係。100%危険で、甘美で、嫉妬にまみれた恋の挙句の果てに、彼女が口にする言葉は――。

電撃文庫から引用

 

作品

タイトル わたし、二番目の彼女でいいから。2
著者 西 条陽
イラスト Re岳
発売日 2022年1月8日
ISBN 9784049141542
ページ数 344

 

感想

 

貴志貴志
貴志貴志

頭がバカになるとはこういうことだったのか

しらかみちゃん
しらかみちゃん

二人を相手に結構なところまで行って邪魔が入る

貴志貴志
貴志貴志

でも邪魔が入らない肝心なところでヘタれる桐島の答えはどちらなのかでした

しらかみちゃん
しらかみちゃん

この作品は行くところまで行くと思っているんですよ

貴志貴志
貴志貴志

それでなくても今回で結構行ってましたね

しらかみちゃん
しらかみちゃん

電撃文庫が結構えっちぃなのに攻めているのが最高に背徳感がありました

貴志貴志
貴志貴志

早坂も橘も好きな気持ちを伝えてくれていて

しらかみちゃん
しらかみちゃん

煮え切らない桐島がいい思いだけしているのが羨ましかったです

貴志貴志
貴志貴志

1番だった彼女が他のことでは2番になっていく様

しらかみちゃん
しらかみちゃん

1番大事な部分が上なはずなのにヤンデレ早坂の力が橘の気持ちを追い詰めてました

貴志貴志
貴志貴志

そして頭がバカになることばかりしている、からのラストは衝撃でした

しらかみちゃん
しらかみちゃん

完全に虚をつかれて、確かに言われてみればでした

貴志貴志
貴志貴志

もう既にシェアしてるのでは?と思いつつ

しらかみちゃん
しらかみちゃん

公になった三角関係に柳先輩の立場が心配です

わたし、二番目の彼女でいいから。2
「二番目」が二人いても、いいでしょ? 危うい関係は崩壊し、そして――。 俺と早坂さんは、互いに一番好きな人がいながら「二番目」同士で付き合っている。そして本命だったはずの橘さんまでが「二番目」となったとき、危険で不純で不健全なこの恋は、もう、落と…




にほんブログ村 本ブログ ライトノベルへ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました