芸能学校で繰り広げられる、恋×嘘の演劇ラブコメ!『キミの恋人オーディション』

感想

 

 

あらすじ

「大好きだよ、英輔。また舞台で再会しよう」
そう言ってアイツはいなくなった。
天才的な子役で、芝居の道に俺を誘い、なにより世界で一番嘘つきな職業は役者だと語っていた初恋の相手・情華。
あの日の約束を叶えるため、俺は彼女がいると噂の芸能学校に転校を決めた。
――この学園で『誰か』を演じているアイツを見つけ出すには、どんな主役(ヒロイン)でも輝かせる最高の助演俳優を目指すのが近道だ。
脚本家である妹・来愛の協力で、まずは同じクラスの元天才子役のギャル、そして銀髪のスター女優と恋愛リアリティショーでの共演が決まるが……。
このキスは芝居(ウソ)か本気か? 恋と嘘をめぐる演劇戦(オーディション)の幕が上がる。

MF文庫Jから引用

 

作品

タイトル キミの恋人オーディション
著者 あさのハジメ
イラスト emily
発売日 2022年1月25日
ISBN 9784046810960
ページ数 271

 

感想

 

貴志貴志
貴志貴志

舞台の上でも日常でも演技に嘘に本気が入り混じる物語

しらかみちゃん
しらかみちゃん

この人たちのどれが真実で嘘なのか?

貴志貴志
貴志貴志

演技力の高さに魅力されました

しらかみちゃん
しらかみちゃん

主人公の主役ではなく助演を引き立てる演技力

貴志貴志
貴志貴志

謙遜か事実か主人公の実力の底が知れなかったです

しらかみちゃん
しらかみちゃん

ストイックなまでのヒロインたちの演技に対する努力

貴志貴志
貴志貴志

彼女らしい演技が素晴らしく1人の人間が別の人間にも見えてくる演技力

しらかみちゃん
しらかみちゃん

極限状態で超えていくものにはゾクゾクしました

貴志貴志
貴志貴志

嘘に本気が入り混じる、何が真実なのか楽しみな作品でした

キミの恋人オーディション 台本にないけどキスしていい?【電子特典付き】
芸能学校で繰り広げられる、恋×嘘の演劇ラブコメ! 「大好きだよ、英輔。また舞台で再会しよう」 そう言ってアイツはいなくなった。 天才的な子役で、芝居の道に俺を誘い、なにより世界で一番嘘つきな職業は役者だと語っていた初恋の相手・情華。 あの日の約束…




にほんブログ村 本ブログ ライトノベルへ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました