俺のベッドに入ってきたのは、最愛の恋人……の妹でした。『運命で結ばれた恋人……のあざとい妹と一線を越えてしまう、あの日まで』【感想】

感想

 

 

あらすじ

『もし、もう一度会えたら、その時は……恋人になろう』
幼馴染の少女・三ツ葉真昼と交わした、遠い日の約束。
高校二年の春、俺は彼女と運命の再会を果たした。
変わらぬ想いを伝え合い、俺たちは晴れて恋人同士に。
親元を離れ、俺の家で生活することになった真昼との幸せな二人暮らし
……かと思いきや、そこにはもう一人の同居人――真昼の妹・彩夜がいた。
ある夜、俺は寝室に忍び込んできた彩夜からキスをされる。
「しっ、声を出しちゃ……。お姉ちゃんには、内緒ですよ?」
その瞬間から、秘密を抱えた三人の同棲生活が幕を開けた。
――やがて恋人の “妹” と一線を越えてしまう、あの日まで。

ファンタジア文庫から引用

 

作品

タイトル 運命で結ばれた恋人……のあざとい妹と一線を越えてしまう、あの日まで
著者 来生 直紀
イラスト pon
発売日 2020年2月19日
ISBN 9784040744384
ページ数 249

 

感想

 

貴志貴志
貴志貴志

背徳感ありの恋人の妹と一線を越えてしまう物語

しらかみちゃん
しらかみちゃん

一線がどの部分かこの先楽しみな作品でした

貴志貴志
貴志貴志

恋人になった姉とその妹との一つ屋根の下での暮らし

しらかみちゃん
しらかみちゃん

恋人としては物足りないイチャイチャの裏であざとい妹の意識してか無意識かの行動が良かったですね

貴志貴志
貴志貴志

スカートをたくしあげてあれを見せたり、同じ部屋で着替えをしたりと絶対意識してるだろ!でした

しらかみちゃん
しらかみちゃん

そんな姉と妹からの好意を受けながらも恋人を優先しつつ3人の関係を続ける主人公たち

貴志貴志
貴志貴志

妹の設定はよかったのですが後半の展開はそこからあざとさ増し増しに繋がる展開が良かったです

しらかみちゃん
しらかみちゃん

あれはあれで良かったのですがもっと背徳感ある展開を期待していたので

貴志貴志
貴志貴志

あともう何箇所か挿絵が欲しかったって場面があってイラストも良く楽しめました

しらかみちゃん
しらかみちゃん

大事な3人のドロドロになりそうな三角関係がこの先楽しみです


運命で結ばれた恋人……のあざとい妹と一線を越えてしまう、あの日まで (富士見ファンタジア文庫)

運命で結ばれた恋人……のあざとい妹と一線を越えてしまう、あの日まで
俺のベッドに入ってきたのは、最愛の恋人……の妹でした。 『もし、もう一度会えたら、その時は……恋人になろう』 幼馴染の少女・三ツ葉真昼と交わした、遠い日の約束。 高校二年の春、俺は彼女と運命の再会を果たした。 変わらぬ想いを伝え合い、俺たちは晴れ…




コメント

タイトルとURLをコピーしました