弱いけどそんな自分を受け入れる『幼なじみが絶対に負けないラブコメ9』

感想

 

 

あらすじ

 みんな、高校生なら一度くらいは家出したことあるよなっ! うざい親父とずっと一緒なんか耐えらんねー! ……なんて勢いで家出したものの、哲彦には門前払いを喰らい、このまま冬空の中で野宿……と思ったら白草から救いの電話が!
天敵・紫苑ちゃんの目をかいくぐり、白草の部屋へと辿りつくと、白草の雰囲気がいつもと違うような……? いや、クリスマスに黒羽から『公開告白』されたばかりだろ、俺。我慢するんだ。でも、部屋で二人きりとか耐えらんねー。
バレンタインを前に、勝負をかけようと意気込む白草。一歩リードしている黒羽と、虎視眈々とチャンスを狙う真理愛に打ち勝つことができるのか!? ヒロインたちの戦略渦巻く聖戦開幕の第9巻!

電撃文庫から引用

 

感想

クロが公開告白で動き出した関係。

それに触発されてシロも決断をしていました。

クロが進むことしか出来なくなった状況。

幼なじみという枠が強すぎる彼女が末晴の彼女として隣にいるための告白。

保留にしてもらいながらもあとは攻めるのみって感じでいつにも増して積極的でした。

今までは隠れて好意を伝えていたのが今はオープンに。これに焦らない2人ではなくてでした。

と、今回動いたのはシロ。

自分の本質を知っていて、日を決めての告白

例えそれまでの過程にピンチやチャンスが訪れても、当日までは動かない擬かしさがありました。

それでも本当にチャンスを無駄にしてしまうシロとクロの対比が描かれていました。

確かにお互い計画して決行。だけどそこに対するモチベーションの違い。

自分に課せた宿題は別に破っても良いという気持ちがありますが、だからこその想いの強さがありました。

そんなシロの告白で落胆していましたが、そんな告白をバネに成長するシロ。

2人が並び経つ中でモモの気持ち。そして新たな季節に一旦ヒロインレースはお預けな次巻かなでした。

 


https://bookwalker.jp/de0e7e8b30-90f2-4b58-ba75-275cf0e9f8e6/?acode=RffZg5gc

作品

タイトル 幼なじみが絶対に負けないラブコメ9
著者 二丸 修一
イラスト しぐれうい
発売日 2022年3月10日
ISBN 9784049139020
ページ数 296


 

コメント

タイトルとURLをコピーしました