その能力は世界を書き換える『【翻訳】の才能で俺だけが世界を改変できる件』

感想

 

 

あらすじ

名門の魔法貴族アルデハイム家に生まれ将来を期待されたノアだったが、【翻訳】という戦闘には無縁のハズレ才能だということがわかり家族から冷遇される日々を過ごす。
15歳になり家を出たノアは【翻訳】の才能で古代魔導書を読みあさり、いつの間にか世界最強の魔法使いになっていたことを知らず冒険者となり――。
旅の先々で王女を助けたり、S級モンスターであるファフニールを手なずけたり、古代遺跡に眠っていた少女に懐かれたりと無自覚に誰もが驚く活躍をすることに!

古代魔法と才能の力で世界を解き明かし改変する【翻訳】無双ファンタジー開幕!

ファンタジア文庫から引用

 

感想

結構ありきたりな物語で特出するほどの展開が期待出来なかったかなです。

翻訳というハズレの才能だと思ったら古代の魔法も使えるすごい才能だった。

ただ読めるだけでは魔法は使えない部分など、主人公が元々別に才能を持って生まれた描写もあって、世界を知らない主人公が少し無自覚な無双ファンタジーでした

俺なんかしちゃいました?が若干入ってはいるものの、絶対的な無双ではない。

未知の敵との戦いもあって、仲間との協力も魅力的でした。

イラスト込みで興味がある方は是非、物語を触れてみたいだけなら「なろう」で連載しているみたいなのでそちらで読んでみても良いかもです。

 

【翻訳】の才能で俺だけが世界を改変できる件 ~ハズレ才能【翻訳】で気付けば世界最強になってました~
ハズレだと思われていた【翻訳】の才能で無自覚に無双する! 名門の魔法貴族に生まれながら、【翻訳】というハズレ才能だったノアは家族から冷遇され、家を追い出される。しかし古代魔導書を読みあさっていたノアは無自覚ながら誰もが驚く世界最強の魔法使いになっ…

作品

タイトル 【翻訳】の才能で俺だけが世界を改変できる件
著者 蒼乃 白兎
イラスト かなどめ はじめ
発売日 2022年3月19日
ISBN 9784040744841
ページ数 303


 

コメント

タイトルとURLをコピーしました