略奪愛と思ったらまさかの展開?『好きな子にフラれたが、後輩女子から「先輩、私じゃダメですか……?」と言われた件2』

感想

 

 

あらすじ

鳴海先輩に告白し、略奪してでも恋を叶えると決意をしてすぐのこと。夢であるドラマ制作を進めるには、もう一人女優が必要だと判明する。
でも、そう簡単に見つかるはずはなく頭を悩ませていたある日——。私たちの前に現れたのは、現役女子高生女優の小桜澪だった。
雨宮先輩だけじゃなく、小桜先輩にまで夢中になる鳴海先輩、正直嫌な予感しかしない……だけど何人ライバルが現れても関係ない。
私は私のやり方でこの恋を成就させる。最後に鳴海先輩と結ばれるのは絶対に私なんだから。
恋する女の子は一途で素直で、恐ろしい——ピュアでひりつく略奪純愛劇、波乱の第二弾。

GA文庫から引用

 

感想

開幕早々二股、終わってみれば三股とこの物語は略奪愛ではなくハーレムだった?でした。

新たなドラマ制作に楓先輩レベルのヒロインを探す。偶然女優が転校してきて説得でした。

が、難航してからの嫉妬。周りが認められる中で自分の成長が見れない立場だから彩乃との距離を置いていました。

立ち直りからの格好良い展開。鈍感で思わせぶりな発言をする鳴海だけどここは格好良かったですね。

さて二股で始まった2巻でしたが、彩乃はこれも計算の内みたいですね。

自分の気持ちを伝えキスもした彼女だからこそ、あとは好きになってもらうだけ。

楓先輩が自分からしっかり告白しない限りには負けはないと二股を広い心で受け入れていました

ドラマ制作での新たなヒロイン参戦。

スキャンダルを抱えての女優の転校。テレビの前の姿からは想像も出来ない姿だけど鳴海には女優と見抜けていて、監督としての資質を感じました。

小桜を仲間に入れようとするけど断られ、それでも他に当てがないからと積極的に行っていました。

自分たちの夢のためなら迷わない精神でしたね。

そこから彩乃の才能が認められての嫉妬。

自分の成長が分からない立場だからこそ目に見える成長に嫉妬して、彩乃との距離感を掴めずにいました。

そんな鳴海の行動に予想外に彩乃が動揺していてビックリです。

筒抜けの気持ちに分からないが混ざることでここまで動揺する彩乃が新鮮でした

そんな問題ごとの解決からの新メンバーの加入。

からの三股ですよ!そりゃ好きになりますよ、あんな場面であんなことを言われたら。

世界中が敵になってもこの人は味方と思えるくらいの展開。

ただ小桜も直接的でなく間接的に外堀を埋める形でした。

彩乃が一歩リードしているヒロインレース

ただ鳴海の気持ちは楓先輩に向いていて、キスなどの直接的な行動をしている彩乃が優勢なのか分からない展開。

いやむしろハーレムは自分好きなので来い!とも思いつつ、略奪愛がコンセプトならそこは頑張って貫いて欲しい気持ちと半々でした

 

好きな子にフラれたが、後輩女子から「先輩、私じゃダメですか……?」と言われた件2
叶わぬ恋だとしても絶対に諦めない女の子の略奪純愛劇(ラブコメディ)、第2弾! 鳴海先輩に告白し、略奪してでも恋を叶えると決意をしてすぐのこと。夢であるドラマ制作を進めるには、もう一人女優が必要だと判明する。 でも、そう簡単に見つかるはずはなく頭を…

作品

タイトル 好きな子にフラれたが、後輩女子から「先輩、私じゃダメですか……?」と言われた件2
著者 柚本悠斗
イラスト にゅむ
発売日 2022年3月15日
ISBN 978-4-8156-0963-4
ページ数 306


 

コメント

タイトルとURLをコピーしました