秘密を重ねてもう戻れない『友達の後ろで君とこっそり手を繋ぐ。誰にも言えない恋をする。2』

感想

 

 

あらすじ

 純也、青嵐、新太郎の男三人は中学時代からの付き合い。高校に進学してからは、夜瑠と火乃子の女子二人が加わった。もうずっと昔からの馴染みのような温度感。そんな親友五人組の関係は、夏が過ぎた今でも何一つ変わってない。
そう、少なくとも表面上は。
純也と恋仲になることを望む夜瑠。そして夜瑠を魅力的に思いながらもその気持ちに応え切れない純也。そして火乃子までもが秘めていた気持ちを膨らませ、純也と距離を縮めようとする。
季節は秋。文化祭に向けてそれぞれの活動を始める五人。そんな青春を過ごす中で、甘い毒はひっそりと進行していく。
これは、秘密で後ろめたくて、誰にも言えない裏切りの物語。

電撃文庫から引用

 

感想

男の子は単純で女の子は狡猾だ。

純也と夜瑠の考え方が真逆になっていた今回。

終わり頃には恋か友情かを選ぶことをしていました。

二番目に恋愛に興味がなかったはずの火乃子が誰よりも恋愛強者だったとは皮肉

だけどだからこそ自分が欲しいものに対して絶対と言って得られる選択肢が出来ている。

だけどだけど相手は子どものままで、本気の恋愛を知ってしまった相手。

これが火乃子の予想を上回るからこそ面白い。

夜瑠が恋よりも友情をとったにも関わらず、恋をとってしまう純也

秘密の関係が火乃子の告白で崩れて、友情を選んだ夜瑠の決断を鈍らせる純也。

その秘密を知らないからこそ火乃子が新たに作った秘密がこの5人の関係を混沌と化していました。

既に手遅れと言わんばかりの関係なのに、秘密で誰にも言っていないからこそ成り立つ関係。

表面上ではリードしているはずの火乃子なのに、裏では既に既成事実まで出来てしまった2人

こここら恋も友情も手に入れることが出来るのか想像の出来ない、更なる混沌とした関係が面白そうです。

 

作品

タイトル 友達の後ろで君とこっそり手を繋ぐ。誰にも言えない恋をする。2
著者 真代屋 秀晃
イラスト みすみ
発売日 2022年6月10日
ISBN 9784049144598
ページ数 360


 

コメント

タイトルとURLをコピーしました