第二部完結『スパイ教室08』

感想

 

 

あらすじ

『蛇』の悪夢は続く。謀略の果て、CIM内の裏切者を暴き出した『灯』。だが、その代償はあまりにも大きく、チームは半壊、モニカも一人全ての罪を被り安否不明に。絶望的状況に誰もが諦めを抱いたとき、『灯』の落ちこぼれ――サラが声を上げた。
仲間たちを救う唯一の方法は、全ての元凶である宿敵『白蜘蛛』を捕えること。無謀と知りつつもリリィ・ジビアとともに奔走するサラの元に、ある情報がもたらされる。それは、壊滅したはずのスパイチーム『鳳』が蘇ったというもので……。
『自分は、仲間を誰一人として死なせないスパイになるんです』
戦う理由は見つかった。今、最弱の少女の逆襲が始まる――。

ファンタジア文庫から引用

 

感想

一巻の表紙すら伏線に使う、どれだけ先を読んでいるのだと思わされる物語の第2部完

誰かが第2部って言ってた気がするからこう書きましたが1部って何処ら辺だっけ?

『炯眼』の正体は意外や意外でしたね。

これは確かに予想できない。特に敵さんからしたら、ここまで強調されたのならそう思わざる負えないからこそ。

そんな今回はあの時の非選抜組が活躍。

実力が妙実に出ていたあの時と今回で、成長はしているけどやはり劣っている部分があって。

1人では叶わない敵も誰かと連携する事で本来の実力を発揮する、それを理解出来ていて。

ジビアのモニカに敵わない事実を理解した上での戦い方

特に今回は死んだと思った『鳳』のメンバーとの共闘が熱すぎました

まさにそこにいるかのように、それを使うことによって敵を騙し、己の成長を魅せる。

サラの誰かを倒すのではなく誰かを護るためのスパイとしての道

誰よりも弱い彼女は白蜘蛛と同じ存在かと思えましたが全く違っていて。

弱者の思考で後ろへ歩む白蜘蛛に対して前歩むサラとの対比。

弱者だけどそれでも強い白蜘蛛に挑むサラの心構えがその勝敗に関わっていました。

今回で『蛇』との戦いが終え次なる展開へ。

あとがきから一年くらい時間が経過するようなのと、間に短編集を挟むようなのでその間にアニメが始まってそうですね。

 

作品

タイトル スパイ教室08
著者 竹町
イラスト トマリ
発売日 2022年7月20日
ISBN 9784040746074
ページ数 321


 

コメント

タイトルとURLをコピーしました