選ばれたのは………『恋は双子で割り切れない4』

感想

 

 

あらすじ

 那織を部屋に泊めたことが親にバレた! しかもあいつ、下着をわざと忘れて母さんの目につく場所に仕込みやがったっ!! いや、落ち着け。考えるんだ白崎純。明らかに疑われているが、実際そういうことはしていないんだから。

だがこの一件を知った琉実は言う。
「あの日できなかった続き、しよ?」

そして日増しに積極的になる那織。
「我慢出来なくなったって良いよ」

もう引き返せない場所へと踏み入ってしまった実感がある。だが僕はまだ、どう向き合うべきか答えを出せていない。
そんな中途半端な態度のせいで、那織と衝突して喧嘩に発展してしまう。琉実が仲裁に入ろうとしてくれるが、さらなる一波乱があり……?

電撃文庫から引用

 

感想

相手に納得してもらおうと言った言葉が、そのままの意味で相手に伝わるとは限らない。

その言葉をどう受け取るのかは相手次第だと言うこと

今回それが妙実に出ていました。

関係が深まり、姉妹がお互いを意識してエスカレートしていく。

那織がキスをしたから、私も同じくらいに、彼女と付き合うのな、その前に初めてをしたい。

そんな純との思い出の取り合い。

けど姉妹仲良くありたい気持ちは長引かされることで保てているイメージで、この恋の答えが出たらこの三角関係は崩れてしまいそうで。

そんな中での純の答え。

誕生日の日に相手を選ぶ。本当に仲睦まじいとは言い切れませんが、本人たちはそんな仲でも満足していて。

その答えでどちらかが選ばれた時、この三角関係がどう変化するのか予想できない。

その結果がどうなるのか楽しみです。

 

作品

タイトル 恋は双子で割り切れない4
著者 高村 資本
イラスト あるみっく
発売日 2022年7月8日
ISBN 9784049144611
ページ数 294


 

コメント

タイトルとURLをコピーしました