刺激が足らん!『優等生のウラのカオ2』

感想

 

 

あらすじ

「秋人くんの答え、聞かせてほしい」
裏アカをきっかけに誰にも言えない秘密の関係を築いた秋人と優。
歪ながらも信頼を寄せてくる優に告白される秋人だったが、自分の気持ちに迷い、答えを出せずにいた。
そんな中、週末秋人の家で期末テストの勉強をすることに。勉強会は午後からだが、ここで優から提案が。
「おうちデート、しようよ」
土曜日の午前。家族は出掛け、家は秋人と優の二人きり――。ゲームをしたり、昼食を作ったり、まるで恋人のよう。でも、それ以上を望む優はさらに距離を詰めてきて!?
表と裏。二つのカオを持つ彼女との秘密のラブコメディ、第2弾。

GA文庫から引用

 

感想

一巻のような刺激はなったけど間宮の少し歪、だけど等身大の女の子の恋愛模様でした。

あの過激な一巻のラストはどこへ⁉︎ってくらい健全な二巻でした。

秋人を好きな間宮が積極的に迫っていて、女性不信な秋人も少しずつ心を許していて。

嫌われるしっかりとした理由がないからこそ心を許せている部分があって。

押せ押せの間宮でしたが、恋する乙女にあの時以上が出てこないのは好きな人の前だからなのか。

そんな二人が新しい関係になるまで少し騒動があり。

他のラブコメと似たような、この作品ならではながなくなったのは残念だけど普通に楽しめる作品になってました。


作品

タイトル 優等生のウラのカオ2
著者 海月くらげ
イラスト kr木
発売日 2022年9月15日
ISBN 978-4-8156-1598-7
ページ数 302


 

コメント

タイトルとURLをコピーしました