見た目は清純美少女・中身はあの頃のまま『10年ぶりに再会したクソガキは清純美少女JKに成長していた1』

感想

 

 

あらすじ

東京のブラック企業を辞め、地元に帰ってきた有月勇(ありつきゆう)(28)。
新しい生活を始めようと意気込む矢先、出会ったのは謎の清純美少女JKだった。
彼女は勇に「自分の名前を当ててください」とゲームを仕掛けてくるが、会って間もない女の子の名前なんて分かるわけがない。
君は一体誰なんだ――?
――どうして気づいてくれないの!? 10年前はあんなに一緒に遊んだのに!
ずっと好きだった勇と再会した花のJK春山未夜(はるやまみや)。勇もすぐに分かると思ったのに、当時のクソガキぶりが災いして、初めて出会ったかのように振る舞われ……?
ヒントなら出すから、はやく私に気づいてよ――!

オーバーラップ文庫&ノベルズから引用

 

感想

子どもの10年の変化は大きく、変わった未夜の姿に気づかない勇に対して相手から気づいて欲しい未夜がヒントを出しながら接していて。

特にもどかしくもなく見ていて面白かったです。

自分は気づいてもらえないのに友達はすぐに気づいてもらえて。

二人のあの頃の距離感が羨ましく、黒い感情が湧き出てるところが面白かった。

のくせに自分も混ざれば手のひら返しがまた面白く。

クソガキ時代と今を行き来しながらで、過去の関係と今の関係の違いの二人が面白く、正体の気付き方も良い感じで良かった。

10年の時を経てるけどあの頃のクソガキの距離感があって押し倒してしまったりくっついてしまったりと、そういった展開も面白く

同年代にときめかない近所の年上の人に惹かれるヒロインたちの気持ちもしっかりと伝わってきました。


作品

タイトル 10年ぶりに再会したクソガキは清純美少女JKに成長していた1
著者 館西夕木
イラスト ひげ猫
発売日 2022年10月25日
ISBN 978-4-8240-0308-9
ページ数 366


 

コメント

タイトルとURLをコピーしました