「お前は、忘れない。ここで死ねるのなら、お前は幸運だ」『処刑少女の生きる道(バージンロード)6 ―塩の柩―』Twitter感想まとめ

ライトノベル

 

 

あらすじ

メノウと導師「陽炎」。
塩の大地での師弟の戦いは、メノウへと天秤が傾きつつあった。
アカリとの導力接続で手に入れた膨大な導力と、行使可能になった疑似概念【時】。
新たな力を得たメノウの勝利で終わるかと思われた訣別の戦いは、しかし、見え隠れする【白】の存在により予想外の方向へ向かいはじめる。

その頃、“聖地”跡では万魔殿が「星の記憶」へ足を踏み入れていた。
マノンの遺した一手が彼女に致命的な変化をもたらすことも知らず――。

そして、最果ての地にひとつの破局が訪れる。
彼女が彼女を殺すための物語、破戒の第6巻。

Amazonから引用

 

作品

タイトル 処刑少女の生きる道(バージンロード)6 ―塩の柩―
著者 佐藤真登
イラスト ニリツ
発売日 2021年8月12日
ISBN
ページ数 288

 

感想

アカリを巡る戦いの先に新たな歩みを進めるメノウたちでした。

アカリとの導力接続により導師との師弟の戦いの予想外の結末。そして現れる白の存在との邂逅に決断を迫まれるメノウでした。

導師の過去と今選ぶ道。メノウと導師の関係性が歪なものだったけど、これまで見てきた導師らしい道の選び方でしたね。

白との邂逅にメノウに生まれる初めての感情。それほどまでにアカリの存在がメノウの中には大きくなっていたんだなと。

怒涛の展開から選ぶ道は原点と変わらず、けどメノウの中で大切な者のために途方のない道のりを選んだ彼女の歩みとともに次から新章です!

 

 


処刑少女の生きる道(バージンロード)6 ―塩の柩― (GA文庫)

コメント

タイトルとURLをコピーしました