「みんなは、私の大切な友達です」『女子高生の放課後アングラーライフ』【感想】

ライトノベル

 

 

あらすじ

同級生からイジメの標的にされ、関西の高校に転校した追川めざし。登校初日、同じクラスの白木須椎羅に「これは運命やでっ!」と迫られ、彼女が会長を務める海釣り同好会「アングラ女子会」に入会させられて……。

ザ・スニーカーWEBから引用

 

作品

タイトル 女子高生の放課後アングラーライフ
著者 井上 かえる
イラスト 白身魚
発売日 2021年10月1日
ISBN 9784041116081
ページ数 260

 

感想

 

貴志貴志
貴志貴志

イジメで友達の意味が分からなくなった追川めざしが関西へ転校を機に適度な距離で過ごすと決意

しらかみちゃん
しらかみちゃん

が、登校初日に白木須椎羅に迫られアングラ女子会に入会することに

貴志貴志
貴志貴志

釣りを通じて友達の意味を再確認するめざしたちの青春と友情の物語でした

しらかみちゃん
しらかみちゃん

めざしが人間不信のような精神状態での転校

貴志貴志
貴志貴志

友達にどうということのないことで裏切られ嫌われイジメられた彼女

しらかみちゃん
しらかみちゃん

人との距離を保ち、近すぎず遠すぎない関係を築こうたした彼女の第一歩は白木須椎羅によって破壊されていました

貴志貴志
貴志貴志

純粋の友達として近づいていた椎羅たちに対して作り笑顔で繕っていためざし

しらかみちゃん
しらかみちゃん

それでも過ごす時間は彼女の気持ちの変化を促すのには難しくなくて

貴志貴志
貴志貴志

強引だけど連れ回してくれる椎羅たちが本当に良い友達でした

しらかみちゃん
しらかみちゃん

彼女たちらしさのままでめざしと付き合っていて、嘘偽りのない関係

貴志貴志
貴志貴志

だけどめざしが一歩引いた関係のままで、それに気づく人、気づかない人と違和感に気付く人の付き合い方

しらかみちゃん
しらかみちゃん

らしさをままに付き合っていた結果の本音のぶつかり合いが涙腺崩壊でした

貴志貴志
貴志貴志

イジメられていた過去があったからこそ新しい友達と呼べるべき存在との付き合い方を考えて

しらかみちゃん
しらかみちゃん

相手のことを理解して、それ以上に自分の気持ちに素直になれためざしが良かったです

女子高生の放課後アングラーライフ
「みんなは、私の大切な友達です」  同級生からイジメの標的にされ、関西の高校に転校した追川めざし。登校初日、同じクラスの白木須椎羅に「これは運命やでっ! めざしちゃん!」と迫られ、そのまま彼女が会長を務める海釣り同好会「アングラ女子会」に入会する…




 

コメント

タイトルとURLをコピーしました