あまのじゃくな氷室さんの攻略、決着!『あまのじゃくな氷室さん5』【感想】

ライトノベル

四巻の感想→『あまのじゃくな氷室さん4

 

 

あらすじ

待ちに待った学園祭が開幕! 愛斗は約束通り、学園祭限定カノジョとなった涼葉と一緒に学園祭を楽しむ。一方、涼葉が模擬店のシフト中に、ここぞとばかりに雅がアタックしてきたり、遊びに来た愛斗の母親が涼葉の前に立ちふさがったりと、涼葉と学園祭を楽しむには一筋縄ではいかなかった。だが、成長した涼葉も負けずに、立ちふさがる愛斗の母親に「私が彼を慕う気持ちは永久に変わりません!」と真っ直ぐにぶつけた。そんな一波乱があった学園祭直後、なんと愛斗は母親が入院することになり急遽一人暮らしに。そこへ、これはチャンスとばかりに涼葉と雅が押しかけて――!
MF文庫Jが贈る、捻れ系青春ラブコメ最終巻!

Amazonから引用

 

 

作品

タイトル あまのじゃくな氷室さん5
著者 広ノ祥人
イラスト うなさか
発売日 2019年5月25日
レーベル MF文庫J
ページ数 264

 

感想

貴志貴志
貴志貴志

タイトルを回収しつつ完結!

氷室さんの本音が表に出て、ライバル達と平等な立ち位置で田島にアピールしていました。

全てを知ったヒロイン達が選んだ道。そして田島の答えとそれぞれの新たな運命へと進んでいました。

タイトルにあるから砂城さんや相沢さんの未来がなんとなく分かってしまっていて、それに加えてあまのじゃくな氷室さんだからこそ、そこまで好きになれなかったけど、この最終巻までの道のりで結構好きになれましたね。

田島の決断は必ずしも正しい訳ではないけど、それ以上にヒロイン達が強すぎて、好感度が初めから振り切れている2人の今後の展開も見ていたかったです。


あまのじゃくな氷室さん 5 好感度100%から始める毒舌女子の落としかた【電子特典付き】 (MF文庫J)

コメント

タイトルとURLをコピーしました