いま史上最も小規模な妹争奪戦が開幕する!『世界征服系妹2』【感想】

ライトノベル

一巻の感想→『世界征服系妹

 

 

あらすじ

妹の檸檬が魔法を使えるとんでもな存在で、しかも異世界の姫様だったと判明してからの激動の日々。
気持ちのすれ違いから始まった兄妹喧嘩、あの忌まわしき『妹タワー籠城事件』も落ち着いた頃、兄である俺は……
「えっと、お兄ちゃん? あたし、何で正座させられているのかなー?」
相変わらず想像の斜め上を行く、檸檬のお世話(制御)に追われていた。
そんな慌ただしい中、俺たちの前に、異世界からアインとソフィの双子魔術師が現れて、檸檬を連れ戻しにやってきたんだという。
いまここに、史上最も小規模な妹争奪戦が開幕する……らしい。

Amazonから引用

 

 

作品

タイトル 世界征服系妹2
著者 上月 司
イラスト あゆま紗由
発売日 2021年4月9日
レーベル 電撃文庫
ページ数 292

 

感想

貴志貴志
貴志貴志

魔術師姉妹が襲来で史上最も小規模な妹争奪戦が開幕してました。

相変わらずお兄ちゃんに頭上がらずの檸檬でしたが、やることなすことが規格外なのも相変わらずでした。

そんな中で登場した異世界の姉妹。檸檬を連れ戻すために送られてきた姉妹が可愛く面白かったです。

ぼんやりしてそうで食欲旺盛な姉のアインの誰よりもある胸!鴻巣さんが悔しながらも褒めるその存在、そして天然でやって見せた下乳の破壊力は凄かった。

真面目な妹の真面目さが出た残念な展開。

ああいうのは真面目な人ほどハマってしまうと言いますが、頭が切れるぶん厄介で、どっぷりハマってしまってズボラな姿が新鮮でした。

初めての異世界の人の存在で改めて檸檬が規格外な存在だと理解できました。


世界征服系妹2 (電撃文庫)

コメント

タイトルとURLをコピーしました