きみって私のこと好きなんでしょ?2とりあえずデートでもしてみる? ★★★★★

ライトノベル

一巻の感想→『きみって私のこと好きでしょ?とりあえずお試しで付き合ってみる?

 

あらすじ

「黒矢くんって、誰といても私のことばっかり考えちゃってるんだね。まったく、大好きかよ? 」

陰キャ男子・黒矢と、学園一の美少女・白森先輩がまさかの「お試しカップル」になって早くも一ヶ月。
恋に無縁だった黒矢には、先輩との毎日が悔しいけれど幸せすぎる!
そんなある日、先輩からまさかのお誘いがあり――

「とりあえずデートでもしてみる? 」

街中で、電車で、駅地下で。
恋人だけに見せるいろんな表情を知っていく二人。
「顔に書いてあるよ。大好きな先輩とデートできて幸せです、って」
付き合っているのにからかわれる、憧れの先輩との悶絶イチャイチャが止まらない激甘青春ラブコメ第2弾。

Amazonから引用

  

作品

タイトル きみって私のこと好きなんでしょ?2とりあえずデートでもしてみる?
著者 望公太
イラスト 日向あずり
発売日 2020年10月14日
レーベル GA文庫
ページ数 232

 

感想

ウィンクが下手な人がいますがセミを潰した様な顔?ってどんなウィンクだよ!と思いました。

そんなのほほんとした話しから始まって浮気の話。何を問い詰められいるのかと思えば官能小説かい!

それも電子書籍で見つかるとは新しい展開でした。基本相手にスマホを見られたりはしないですからね。

男は人妻が好き?リアルでするなら恐怖で出来そうも無いですがフィクションのあの展開は良いですよ。旦那がいるのに寝取られる展開とかえっちぃくて。

 

黒矢の唯一の親友に好意を寄せる右京先輩。名前も知らない相手に気軽に話しかける陽キャの鏡でしたね。

分かりやすく積極的。本人は隠しているつもりかもでしたが、あれは誰でも分かるぞ!ってくらいあからさまでした。

秘密の関係かと思いきやあっさり白森先輩には話してしまっておいおいと思いましたが、隠し事出来なさそうだよね黒矢。

 

カラオケ屋で初を奪われたと嘆く白森と初デート。気持ちが緩んでいたのか誉める言葉が出ていました。始めは言わされていたのに途中から口に出てしまっていて、白森先輩も不意打ちに照れていました。

 

そしてここで白森先輩の過去が明らかに。異父姉妹の妹が登場。昔両親が別れてから父親に引き取られ、迷惑を掛けまいと子どもながらに大人びた少女。そんな元母親には別の男との子どもがいました。面識はあるみたいでしたが、関係はぎこちなかったです。

 

そんな先輩の過去を聞いて抱きしめた黒矢。

そこは歌うのでは?と思った私はユーモアがあると言って欲しいです。抱きしめるというイケメン行動は想像できなかったです。

 

白森先輩が欲しい言葉をあげて気持ちが和らいだ先輩。学校の日にはニヤニヤしていました。が、ここからの右京先輩の発言にドン底に落とされました。

 

あの日約束したことを忘れてしまったのか、右京先輩がとういった経緯で小説を読んだのか続きが気になります!

 


きみって私のこと好きなんでしょ?2 とりあえずデートでもしてみる? (GA文庫)

コメント

タイトルとURLをコピーしました