せかいは今日も冬眠中! ★★★★☆

ライトノベル

 

 

あらすじ

世界寒冷化を救う鍵となるのは――けも耳の妖精さん!?

すっかり雪に覆われた世界。人類の命運を握っているのは、なんとシムと呼ばれるケモ耳の妖精さんなのです!
私は彼らを増やす研究チームの一員に選ばれ、故郷・ナハトの村でフィールドワークを行うことになったのですが……。
おやつ作戦に、牧場化計画、はては秘密基地づくりまで。自由気ままなシムや個性的なチームメンバーに振り回され研究は困難の連続です。
「おやつをくれー」「疲れたぞー」
ああもう……! こんなことで春をとりもどすプロジェクトは、無事成功するのでしょうか――?

Amazonから引用

 

作品

タイトル せかいは今日も冬眠中!
著者 石崎 とも
イラスト 巻羊
発売日 2020年8月7日
レーベル 電撃文庫
ページ数 312

 

感想

雪に覆われた世界。人類の運命を握るシムと呼ばれるケモノミミの妖精を増やすために研究チームに入ったササ達の物語。

臆病で人見知りで不器用で楽観的なちぐはぐな組み合わせの四人組。

歩み寄る一歩がなくて時間だけが過ぎていく中である変化がこの関係を変えていっていました。

主人公の真っ直ぐで記憶力があって、けど人に意見ができる勇気がなかったササが他の人達の気持ちに触れて自分の気持ちも吐き出し変わっていく姿。

世界のため、それと同じくらいにシムのために頑張っていました。

 


せかいは今日も冬眠中! (電撃文庫)

コメント

タイトルとURLをコピーしました