ちっちゃくてかわいい先輩が大好きなので一日三回照れさせたい ★★★★★

ライトノベル

 

 

あらすじ

照れ屋な先輩と純情な後輩。すれ違う二人の赤面120%照れかわラブコメ!

放送部部長の花梨先輩は、上品で透明感ある美声の持ち主だ。美人な年上お姉様を想像させるその声は、日々の放送で校内の男子を虜にしている……が、唯一の放送部員である俺は知っている。本当の花梨先輩は小動物のようなかわいらしい見た目で、かつ素の声は小さな鈴でも鳴らしたかのような、美少女ボイスであることを。
とある理由から花梨を「喜ばせ」たくて、一日三回褒めることをノルマに掲げる龍之介。一週間連続で達成できたら、その時は先輩に──。ところが花梨は龍之介の「攻め」にも恥ずかしがらない、余裕のある大人な先輩になりたくて──。
照れてる先輩がただひたすらかわいい、赤面120%な照れかわラブコメ!

Amazonから引用

  

作品

タイトル ちっちゃくてかわいい先輩が大好きなので一日三回照れさせたい
著者 五十嵐 雄策
イラスト はねこと
発売日 2020年7月10日
レーベル 電撃文庫
ページ数 296

 

感想

かわいい先輩を喜ばせるために褒めているつもりが照れさせられていた!

小動物みたいに可愛い先輩から発せられる声はキャラ的には想像できないくらいの声なんだろうなと想像できず、素の声は容易に想像できてしまえました。

気持ちを閉じ込めておくのではなく声に出す大切さ、そんな先輩の影響から変化した主人公がグイグイと無意識できてて、周りのヒロイン達の照れにニヤニヤでした。

 


ちっちゃくてかわいい先輩が大好きなので一日三回照れさせたい (電撃文庫)

コメント

  1. […] 一巻の感想→『ちっちゃくてかわいい先輩が大好きなので一日三回照れさせたい』 […]

タイトルとURLをコピーしました