となりの彼女と夜ふかしごはん〜腹ペコJDとお疲れサラリーマンの半同棲生活〜 ★★★★★

ライトノベル

 

 

あらすじ

となりの彼女が「おかえりなさい」と「いただきます」を言ってくれる生活。

大手スーパーの文具部門で新任マネージャーとなった俺・筆塚ヒロトは、仕事漬けの毎日にすっかり憔悴しきっていた。そんな俺の唯一の楽しみは、深夜帰宅後につまみを作って酒を飲むことだけだった、んだけど……いつの間にか、隣に住む腹ペコ女子・朝日さんと賑やかな半同棲生活をすることになってました。

「し、深夜に揚げ物は犯罪なんですよ!」
「今夜こそ誘惑に負けませんからね…!」
「こんなに美味しいなんて優勝ですぅ…」

優勝――それは大切な人と美味い料理で食卓を囲う瞬間のことを言う、らしい。
腹ペコ女子があなたの暮らしを彩る深夜の食卓ラブコメ、召し上がれ!

Amazonから引用

  

作品

タイトル となりの彼女と夜ふかしごはん〜腹ペコJDとお疲れサラリーマンの半同棲生活〜
著者 猿渡 かざみ
イラスト クロがねや
発売日 2020年11月10日
レーベル 電撃文庫
ページ数 328

 

感想

新人マネージャーとなったヒロトが女子大生と深夜の食卓を囲むことに。

仕事が上手くいかなく左遷させられる所を腹ペコ女子大生の言葉に変わっていく物語。

数字ばかりを見て現場を見ていなかったヒロトがカンナとともに食卓を囲むなかで、視点を変えて現状の改善に取り組んでいました。

カンナの食レポが上手く、料理の表現力が伝わって自分も食べているかのような錯覚に陥って、現実に戻された時に出てきた料理が本当に食べたくなりました。

自分も腹ペコJDと優勝ごはんしたくなる作品でした。これが飯テロか。

 


となりの彼女と夜ふかしごはん ~腹ペコJDとお疲れサラリーマンの半同棲生活~ (電撃文庫)

コメント

  1. […] 一巻の感想→『となりの彼女と夜ふかしごはん』 […]

タイトルとURLをコピーしました