どんなお使いも、ノープロブレムだ。 『元スパイ、家政夫に転職する2』【感想】

ライトノベル

一巻の感想→『元スパイ、家政夫に転職する

 

 

あらすじ

元スパイ・野宮クロウは、三姉妹が暮らす葉咲家で『家政夫』ライフを満喫中。
エプロン姿も様になってきた、とある秋の日――
葉咲家を訪ねた“ママ友”小林流美の言動をきっかけに、彼女が敵対組織のスパイであることを見抜き!?
引退した身、主夫生活の協力者《エージェント》になれば深追いはしないと言うクロウに、小林は地元の耳寄り情報を提供するのだが、それは新たな波乱の幕開けで……!?
一方、友達からの合コンの誘いを断れなかった大学生の長女・夏海は、なにやら浮かない顔。
チャラ男の毒牙から家族を守るため、クロウは小林と合コンの現場に潜入、Wスパイによる『合コン破壊工作』に打って出る!!

Amazonから引用

 

 

作品

タイトル 元スパイ、家政夫に転職する2
著者 秋原 タク
イラスト ハリオ
発売日 2021年5月1日
レーベル 角川スニーカー文庫
ページ数 264

 

感想

貴志貴志
貴志貴志

元スパイのクロウは今日も葉咲家で家政夫ライフを満喫中。

常識がズレているクロウが天然ジゴロを発動して今回も女子達を惚れさせていました。

今回のメインは夏海とママ友の小林流美でしたね。

過去のトラウマと向き合う夏海と若きママ友の衝撃の事実。

弱い自分が嫌いで、いつも理由に使ってしまっていた人に申し訳ない気持ちで。出会ってまもないクロウに理解してもらうにはそこまで信頼関係が出来てなくて。

小林さんとは協力者の関係に。上に立ったクロウの命令が可愛いすぎでした。これが元スパイの家政夫の残念な力か。

二人との問題に向き合い、適切に対処しようとするクロウ。

裏で巻き起こる予測の出来ない問題にも期待ですが、出来ればクロウと葉咲家とのゆるゆるな家政夫ライフを見て行きたかった自分がいます。


元スパイ、家政夫に転職する ライトノベル 1-2巻セット

コメント

タイトルとURLをコピーしました