ひげを剃る。そして女子高生を拾う。4 ★★★★★

ライトノベル

三巻の感想→『』

 

あらすじ

サラリーマンと女子高生。二人で過ごすタイムリミットは、すぐそこ。

家出JK・沙優とサラリーマンの吉田、2人の同居生活は沙優の兄・一颯が訪ねてきたことで突然終わりを迎えることに。家に連れ戻されるまでに与えられた猶予は、たった1週間。
吉田が自分にそうしてくれたように、自分自身としっかり向き合いたい。
タイムリミットを前にして、沙優はゆっくりと口を開いた。
「聞いてほしい。私の……今までのこと」
学校のこと、友達のこと、家族のこと。沙優が何故家出をして、こんな遠く離れた街までやってきたのか。そして吉田と暮らした日々で、彼女が得たものとは――。
サラリーマンと女子高生の同居ラブコメディ、急展開の第4巻。

Amazonから引用

  

作品

タイトル ひげを剃る。そして女子高生を拾う。4
著者 しめさば
イラスト 足立 いまる
発売日 2020年8月1日
レーベル 角川スニーカー文庫
ページ数 258

 

感想

お別れまでのタイムリミットが現実に見えてきて、沙優の過去が明らかになる4巻。

重かった、想像以上に重かった。そんな沙優を家に入れた吉田さんの本当の理由。今の沙優の周りの人達が、吉田さんの周りの人達が優しくて理解力があって。

2人が迷っているところに道を作ってくれていました。橋本の好感度爆上げでした。

 


ひげを剃る。そして女子高生を拾う。4 (角川スニーカー文庫)

コメント

タイトルとURLをコピーしました