やたらと察しのいい俺は、毒舌クーデレ美少女の小さなデレも見逃さずにぐいぐいいく2 ★★★★★

ライトノベル

一巻の感想→『やたらと察しのいい俺は、毒舌クーデレ美少女の小さなデレも見逃さずにぐいぐいいく

 

あらすじ

お互いの「好き」という気持ちを確かめあい、小雪に告白した直哉だったが、小雪が素直な気持ちを伝えられるようになるまで返事は「保留」になった。
直哉とのやり取りを繰り返す中で、直哉以外との付き合い方も少しずつ柔らかくなっていく小雪。クラスメイトに直哉とのデートをそそのかされたり、思わぬ恋のライバルが登場したりと、周囲も騒がしくなっていく。そんな中、小雪の「毒舌」を決定づけた過去も、また身近にあったのだった……。
WEB小説発。ハッピーエンドが約束された、すれ違いゼロの甘々ラブコメディ、第2弾。

Amazonから引用

  

作品

タイトル やたらと察しのいい俺は、毒舌クーデレ美少女の小さなデレも見逃さずにぐいぐいいく2
著者 ふか田さめたろう
イラスト ふーみ 
発売日 2020年11月12日
レーベル GA文庫
ページ数 296

 

感想

保留中なのに凄いイチャイチャだった。プールでの小雪の水着。恥ずかしがりながらも横乳が見えるビキニで、これは頑張って選んだんだなと想像が膨らみました。ですが、やはり他のヒロインの水着も見たかった!そして毒舌となった原因との対面。

チート級な直哉は分かってはいても手は出さず、本人達での解決を望む形で助力していました。あの頃の事があったからこその小雪が今、後悔と向き合っていました。

 


やたらと察しのいい俺は、毒舌クーデレ美少女の小さなデレも見逃さずにぐいぐいいく2 (GA文庫)

コメント

  1. […] […]

タイトルとURLをコピーしました