わたしが天使を守るんだ!『わたしが恋人になれるわけないじゃん、ムリムリ(❇︎ムリじゃなかった⁉︎)3』【感想】

ライトノベル

二巻の感想→『わたしが恋人になれるわけないじゃん、ムリムリ(❇︎ムリじゃなかった⁉︎)2

 

あらすじ

「私、家出することにしたんだっ」
すべてはその一言から始まった。
夏休み、家族と喧嘩してしまった紫陽花さんは、意地になって家出すると言い出した! 一人旅は危なすぎでしょと焦ったわたしは、勢いでその旅に同行することに。
わたしが天使を守るんだ!
海沿いの町に泊まって、卓球をしたり温泉入ったり、紫陽花さんが甘えん坊妹になっちゃったり!?さらに真唯まで現れて、旅は一気に賑やかに。元気になった紫陽花さんも家族と和解して、一件落着。
――のはずだったんだけど。
わたしはずっと気づかなかった。紫陽花さんがどんな想いでわたしと一緒にいてくれたのかを。
募った想いが咲き誇る青春ガールズラブコメ、急展開の第3弾!

Amazonから引用

 

 

作品

タイトル わたしが恋人になれるわけないじゃん、ムリムリ(❇︎ムリじゃなかった⁉︎)3
著者 みかみてれん
イラスト 竹嶋 えく
発売日 2021年4月23日
レーベル ダッシュエックス文庫
ページ数 360

 

感想

貴志貴志
貴志貴志

れな子と紫陽花さんの、ひと夏のアバンチュール。

家族と喧嘩してしまった紫陽花。そんな紫陽花が家出で一人旅という危険なことにれな子がお供していました。

天使のような紫陽花との二人旅行。れな子の中の紫陽花のイメージが保たれるのか!?

紫陽花が求める友達。いつもニコニコしていて、誰にでも笑顔な紫陽花の本音と、れな子の我儘がぶつかってました。

自分から見たら完璧な人間。リア充ならその本質には触れずに付き合っていけてたかもでしたが、れな子の本質が天使な紫陽花の気持ちを引き出していました。

そして引き出してはいけないものも。

普段からは見られない紫陽花の姿。ヤバすぎましたね。あれもこれも新鮮で、ただでさえ戸惑うれな子がさらに戸惑っていて。

そこに真唯まで参戦して。真唯が参戦したから気づいたのか、いやでもと考えながらのラストでの超衝撃展開。これはまた波乱です。


わたしが恋人になれるわけないじゃん、ムリムリ!(※ムリじゃなかった!?) 3 (ダッシュエックス文庫DIGITAL)

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました