クラスで陰キャの俺が実は大人気バンドのボーカルな件 ★★★★☆

ライトノベル

 

 

あらすじ

白星高校に通う須田凛月は、学校では冴えない陰気な生徒だ。
しかし、その正体は中高生に大人気の覆面バンド「ペルソニア」のボーカル、シオンだった!
クラスはいつもペルソニアや、仮面で目元を隠した謎のカリスマボーカル・シオンの話題ばかり。
凛月は今日も素性を隠し、正体がバレないよう陰キャとして振る舞う。全ては家族や愛する妹に迷惑をかけないようにするため。
自分の熱狂的なファンであるクラスメート達に囲まれ、冷や汗を流しながら――。

Amazonから引用

 

 

作品

タイトル クラスで陰キャの俺が実は大人気バンドのボーカルな件
著者 夜桜 ユノ
イラスト みすみ
発売日 2020年10月30日
レーベル

PASH!ブックス

ページ数 305

 

感想

冴えない陰気な生徒の須田凛月。しかし、その正体は中高生に大人気の仮面バンド「ペルソニア」のボーカル、七色シオンだった。平穏な生活を送るために陰キャを偽装して生活していたけど陽キャに素顔がバレたり、バンドメンバーの誤解を生む発言をされたりと平穏な生活とはかけ離れていってきました。それでも妹や仲間に危害がないようにと自分が悪者になったりとカッコ良く、ヒロイン達もそんな主人公の魅力に惹かれていました。


クラスで陰キャの俺が実は大人気バンドのボーカルな件【電子版特典付】 (PASH! ブックス)

コメント

タイトルとURLをコピーしました