一瞬を生きる君を、僕は永遠に忘れない。 ★★★★☆

ライト文芸

 

 

あらすじ

「君を、私の専属カメラマンに任命します!」クラスの人気者・香織の一言で、輝彦の穏やかな日常は終わりを告げた。突如始まった撮影生活は、自由奔放な香織に振り回されっぱなし。しかしある時、彼女が明るい笑顔の裏で、重い病と闘っていると知り…。「僕は、本当の君を撮りたい」輝彦はある決意を胸に、香織を撮り続ける――。苦しくて、切なくて、でも人生で一番輝いていた2カ月間。2人の想いが胸を締め付ける、究極の純愛ストーリー!

Amazonから引用

 

作品

タイトル 一瞬を生きる君を、僕は永遠に忘れない。
著者 冬野夜空 
発売日 2020年1月28日
レーベル スターツ出版文庫
ページ数 297

 

感想

苦しくて切ない、でも人生で一番輝いていた2ヶ月間の2人の想いが胸を締め付ける純愛ストーリー。

自分の寿命が近いと分かっているのを受け入れて常に笑顔でいる女の子が強くあって、それでもその強さが揺らいでしまった原因に病ではなく自分を見てくれている人の存在があって。運命を呪い、運命を受け入れた2人の短くて濃密な2ヶ月間でした。

 


一瞬を生きる君を、僕は永遠に忘れない。 (スターツ出版文庫)

コメント

タイトルとURLをコピーしました