“不可能任務”専門機関『灯』、解散の危機が襲い来る『スパイ教室05《愚人》のエルナ』【感想】

ライトノベル

四巻の感想→『スパイ教室04《夢語》のティア

 

あらすじ

「寄越せ――お前たちのボスを」全スパイ養成学校のトップ6で編成された機関―鳳―はボス不在という問題を抱えていた。そこで目をつけたのは凄腕のスパイ、クラウスだった。チーム―灯―に崩壊の危機が訪れる――!

ファンタジア文庫から引用

 

 

作品

タイトル スパイ教室05《愚人》のエルナ
著者 竹町
イラスト トマリ
発売日 2021年5月20日
ISBN 9784040737423
ページ数 342

 

おすすめポイント!
・落ちこぼれVSエリート
・クラウス初の……
・エルナの本当の能力

感想

 

貴志貴志
貴志貴志

エルナの本当に能力が見れました

しらかみちゃん
しらかみちゃん

過去のことから読み取られ明かされる能力

貴志貴志
貴志貴志

自覚あってやってしまった家族のことだからこそエルナは自分のことを好きになれないんだなと

しらかみちゃん
しらかみちゃん

今回はサラとエルナの成長が良かったですね

貴志貴志
貴志貴志

グレーテは面白い

しらかみちゃん
しらかみちゃん

ただグレーテもそうですが、実力相応の働きって感じでした

貴志貴志
貴志貴志

サラは自分が灯の中では最弱と理解していて、モニカに鍛えられていて

しらかみちゃん
しらかみちゃん

エルナに連れて行かれたマフィアの基地では暴走していましたね

貴志貴志
貴志貴志

エルナ以上に笑

しらかみちゃん
しらかみちゃん

サラが試したら詐術はあってなかったようです

貴志貴志
貴志貴志

自分を犠牲にするということができるのはそもそも実力があってのことってことみたい

しらかみちゃん
しらかみちゃん

その裏でエルナの迷走具合は大笑いでした

貴志貴志
貴志貴志

分かっていながらも取り敢えずやってみるのはリリィに似たものを感じました

しらかみちゃん
しらかみちゃん

リリィと言えば戦闘中の異様なタフさ。あれは何かの伏線なのか?

貴志貴志
貴志貴志

ただ単に仲間のため、と考えても自然とも思いました

しらかみちゃん
しらかみちゃん

最後は衝撃的でしたね

貴志貴志
貴志貴志

共に切磋琢磨していく!と思った後の展開

しらかみちゃん
しらかみちゃん

この報告を受けた灯のメンバーの心境。そして新たな展開に裏切り者は誰なのか?

貴志貴志
貴志貴志

そういえば今回の騙されたはエルナの自覚ある不幸で良いのかな?


スパイ教室05 《愚人》のエルナ (富士見ファンタジア文庫)




 

コメント

タイトルとURLをコピーしました