両想いの相手vs運命の相手、愛斗と距離を縮められるのはどっち!?『あまのじゃくな氷室さん4』【感想】

ライトノベル

三巻の感想→『あまのじゃくな氷室さん3

 

あらすじ

両想いは結ばれても長続きしないという『恋来祭り』の裏ジンクスを回避した愛斗に、涼葉は次のステップへ進むべくその小さな勇気を振り絞って、恋人関係を約束する「恋約者」のテストを提案した。そして「私からも田島君に何かしてあげたいな」と、愛斗のためにツンデレ大作戦の決行する!? 一方、そうして涼葉が奮起する裏では、愛斗と雅がクラスの方で間近に迫った学園祭の模擬店準備を進めていた。そこへなんと運命を司るという女神・ランラが登場し――衝撃の事実が判明する。ナンナのせいで運命がねじ曲がったけど、実は雅が愛斗と結ばれるはずの運命の相手だった!? MF文庫Jが贈る、捻れ系青春ラブコメ第4弾!

Amazonから引用

 

 

作品

タイトル あまのじゃくな氷室さん4
著者 広ノ祥人 
イラスト うなさか
発売日 2018年11月24日
レーベル MF文庫J
ページ数 264

 

感想

貴志貴志
貴志貴志

あまのじゃくな人間のツンデレがこんなに面倒臭くなるものとは思いませんでした。

普段があまのじゃくな癖にツンデレな知識を得た氷室さんのツンツンが面白かった。聞こえるはずの心の声が聞こえなくての田島の動揺っぷりがみものでした。

今回は進展しているとはいえ氷室さんより砂城さんの方が進展していました。学園祭を通して思いが深まってくる砂城さんの気持ちがいつ届くのか、その学園祭を掻き乱した新キャラの処遇はあまり納得出来なかったけど、最終巻に続く接続章を経て3人の恋路がどういう結末に至るのか。

そして思わせぶりだけど空気な相沢さんの介入があるのか期待です。


あまのじゃくな氷室さん 4 好感度100%から始める毒舌女子の落としかた【電子特典付き】 (MF文庫J)

コメント

  1. […] 四巻の感想→『あまのじゃくな氷室さん4』 […]

タイトルとURLをコピーしました