佐々木とピーちゃん【感想】

ライトノベル

 

 

あらすじ

ペットショップで購入した可愛らしい文鳥は、異世界から転生した高名な賢者様だった。
世界を超える機会と強力な魔法の力を与えられ、佐々木は異世界へと現代の物品を持ち込み商売を開始する。
世界間を行き来しつつ――お金を稼ぎ、魔法の訓練をして、美味しい物を食べる――悠々自適なスローライフを目指すが、ある日の会社からの帰り道で異能力者と遭遇してしまう。
賢者印の魔法で異能バトルを切り抜けるも、実力を見込まれて内閣府超常現象対策局にスカウトされ、晴れて国家公務員に転職が決まり……?
異世界ファンタジー×異能バトル×年の差ラブコメ(?)。
さらには魔法少女、ご近所JC、同僚JK、貴族、ロリババア、王子etc…
属性ジャンル全部乗せでお贈りする、異世界と現代日本行ったり来たり物語。
MF文庫Jが放つ新文芸として、遂に登場!

Amazonから引用

 

 

作品

タイトル 佐々木とピーちゃん
著者 ぶんころり
イラスト カントク
発売日 20211月25日
レーベル MF文庫J
ページ数 328

 

感想

貴志貴志
貴志貴志

読むのにめちゃくちゃ時間かかったと思ったら20万字と凄いボリュームでした。

異なる世界の二人が裕福に暮らす為に世界を超えての物々交換。現代日本のリアルな部分も触っていて、堅実的に稼いでいました。

一方でリアルからはかけ離れた異能力との遭遇。バリバリのキャリアウーマンの星崎さんの見た目からは想像も出来ない事実。

一方では異世界にはないような物を持ち込んでの商売。賢者だったピーちゃんと共に安定した生活を送っていて。

ただ自分の中ではカントク先生のイラストが好きなのでおっさんより女の子の挿絵がもっと欲しく、お隣さんの女の子をたくさん見たかったです。

 

ラノベ2冊分に劣らないボリュームでした。

異世界ファンタジーにリアルな商売。異能バトルに年の差とあらすじ通りの全部乗せという、この1冊で全てが楽しめる作品でした。

ただ異能バトルと異世界ファンタジーが強く、ラブコメ好きの自分としては年の差ラブコメをもっと見たかったです。


佐々木とピーちゃん 異世界でスローライフを楽しもうとしたら、現代で異能バトルに巻き込まれた件 ~魔法少女がアップを始めたようです~【電子特典付き】

コメント

  1. […] 一巻の感想→『佐々木とピーちゃん』 […]

タイトルとURLをコピーしました