同胞の死を胸に『灯』が暴れ始める。『スパイ教室06《百鬼》のジビア』【感想】

ライトノベル

 

 

あらすじ

 死亡率九割を超える”不可能任務”に挑む機関―灯―は、尊敬する同胞たちの死の手がかりを求め、同盟関係である工業国・フェンド連邦に潜入する。
しかし、調査に奔走するジビアの前に鉄壁の防諜機関―ベリアス―のボスが立ちはだかる。
『我々に一方的に奉仕する――呑める条件は、それだけです』
”スパイの世界には、協力はあれど友好はない”皇太子暗殺未遂犯を捕えるため、ティアを人質に『灯』は利用されてしまう。
陰謀と混沌渦巻く中、誰よりも優しい少女は立ち上がる。
『覚悟は決まった――奪われた復讐をするために』
少女たちは止まらない。同胞の死を胸に『灯』が暴れ始める。

ファンタジア文庫から引用

 

作品

タイトル スパイ教室06《百鬼》のジビア
著者 竹町
イラスト トマリ
発売日 2021年9月18日
ISBN 9784040742533
ページ数 326

 

感想

 

貴志貴志
貴志貴志

落ちこぼれの成長した姿が尊かったです

しらかみちゃん
しらかみちゃん

エリートと過ごした時間にはちゃんと意味があって

貴志貴志
貴志貴志

毎回騙される展開で今回も悲しい現実が騙されたと思いましたがそうはなりませんでした

しらかみちゃん
しらかみちゃん

クラウスの指導には限界があって尖った成長をしたリリィたち

貴志貴志
貴志貴志

それをもっと根本的な成長へと導くエリートたちとの蜜月を描きそしてその仇を討つべく策を巡らしていました

しらかみちゃん
しらかみちゃん

先にラストの話をすると衝撃でしたね

貴志貴志
貴志貴志

あの子が裏切るのか!いやまた騙されたで戻ってくる、けど前回の引きもあるからと既に次への興味が湧く展開

しらかみちゃん
しらかみちゃん

裏切られただけならまだしも状況がヤバすぎるからメンバーがガッツリ減ってしまうので⁉︎と思えるほど

貴志貴志
貴志貴志

四肢は満足だけど重症者だらけのラストに心配しかなく

しらかみちゃん
しらかみちゃん

そこで次まで待たされるのは本当に意地悪ですよね

貴志貴志
貴志貴志

まぁ他の作品を読んで気を紛らわせておきます

しらかみちゃん
しらかみちゃん

さて今回はエリートたちとの時間を振り返りながらその仇を討つ展開

貴志貴志
貴志貴志

一緒にいた時間はただ楽しいだけではなく、クラウスには教えられなかったことをエリートたちが授けていました

しらかみちゃん
しらかみちゃん

一緒に生きていくと誓った側からの今回

貴志貴志
貴志貴志

悲しむ暇なくその相手を探して打倒でした

しらかみちゃん
しらかみちゃん

ジビアがメインとなった今回はクラウスとのコンビネーションを見せてくれました

貴志貴志
貴志貴志

クラウス1人では限界がある場面でその異常な強さに合わせられる存在

しらかみちゃん
しらかみちゃん

他の誰でもないジビアだからこそできる芸当でした

貴志貴志
貴志貴志

それぞれのメンバーもしっかり任務をこなしていて今までとは想像を超える成長力

しらかみちゃん
しらかみちゃん

リリィの斜め上をいく成長からエルナの可愛さ溢れる不幸と今回も文句なしの満足展開でした

スパイ教室06 《百鬼》のジビア
大ヒット!スパイファンタジー第6巻!  死亡率九割を超える”不可能任務”に挑む機関―灯―は、尊敬する同胞たちの死の手がかりを求め、同盟関係である工業国・フェンド連邦に潜入する。 しかし、調査に奔走するジビアの前に鉄壁の防諜機関―ベリアス―のボスが…




 

コメント

タイトルとURLをコピーしました