声優ラジオのウラオモテ#04夕陽とやすみは力になりたい【感想】

ライトノベル

三巻の感想→『声優ラジオのウラオモテ #03 夕陽とやすみは突き抜けたい?

 

あらすじ

「夕陽と」「やすみの」「「コーコーセーラジオ、修学旅行編!」」
先輩声優めくると花火に、仲良しの極意を学ぼう! ということで始まりました修学旅行!! お揃いのセーラー服に身を包み、仲良くはしゃいでリスナーを安心させよう……なんて簡単にできたら今まで苦労はしてない夕陽とやすみ。
「佐藤って、セーラー服似合わないわね」
「は、腹立つ~……、なんだあいつ……」
めくると花火も巻き込んで、揉めたり照れたり忙しい最中、人気沸騰中でひっぱりだこな乙女の様子が何やらおかしい。大好きな先輩のピンチに、力になりたい夕陽とやすみ、束の間の休戦!?

Amazonから引用

 

 

作品

タイトル 声優ラジオのウラオモテ#04夕陽とやすみは力になりたい
著者 二月 公 
イラスト さばみぞれ
発売日 2021年2月10日
レーベル 電撃文庫
ページ数 328

 

感想

二人とは対極の花火とめくるに仲良しの極意を学ぼう展開。相も変わらない二人の不仲説が本当の意味でのラジオの危機になっていました。

本人には言えない、ライバルだからこその本音を内秘めていた二人に番組が先輩達を使って引き出そうとしていました。

後半の乙女の不穏な様子。

声優という仕事がどれほど綱渡りで崖っぷちで。その中で見せられた現実と突きつけられた事実に限界があって。

その中だからこそ同期の存在が大きくて、目標であり壁でありライバル。って感じでした。今回も心に刺さりました!

そして今回もめくるのファン精神とそれに耐える姿が面白可愛かったです。

 
声優ラジオのウラオモテ #04 夕陽とやすみは力になりたい? (電撃文庫)

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました