夏祭り。お泊り。縮まる二人の距離『お見合いしたくなかったので、無理難題な条件をつけたら同級生が来た件について2』Twitter感想まとめ

ライトノベル

 

 

あらすじ

嘘の『婚約』を貫くため、夏祭りや映画デートなど恋人のような甘い時間を過ごす由弦と愛理沙。二人の心の距離が縮まる中、愛理沙の義兄・大翔が婚約を解消させようと……。

ザ・スニーカーWEBから引用

 

作品

タイトル お見合いしたくなかったので、無理難題な条件をつけたら同級生が来た件について2
著者 桜木桜
イラスト clear
発売日 2021年9月1日
ISBN 9784041112915
ページ数 356

 

感想

お泊まり&お泊まりで縮まる二人の心の距離。この嘘の婚約があるからこそ由弦が行動に出せない分、愛理沙の行動力が試されるこのもどかしい展開が逆に良いですね。

男から行動に移して女の子との関係を進めるってのが王道の展開と思っているのですが、由弦の家柄から愛理沙は婚約させられているのが建前で、由弦がその気になれば愛理沙が自分のものに出来る。けど、愛理沙の意思を尊重する由弦からは気持ちがあっても行動に移せない部分がもどかしいけど理解できて。

愛理沙の気持ちも近づいていて、不可抗力と無意識からのダブルパンチで後から悶える愛理沙が可愛過ぎました。

 

 


お見合いしたくなかったので、無理難題な条件をつけたら同級生が来た件について2 (角川スニーカー文庫)

コメント

タイトルとURLをコピーしました