大丈夫よ。あんたは一人じゃない。私がいるわ。『公女殿下の家庭教師4』【感想】

ライトノベル

三巻の感想→『公女殿下の家庭教師3

 

 

あらすじ

王立学校の前期試験で成績上位となったティナたち。そんな試験のご褒美として、夏季休暇に東都へと帰省するアレンに同行することをおねだりして――!? 一方、軟禁状態のジェラルドに謀反の動きがあり!?

Amazonから引用

 

 

作品

タイトル 公女殿下の家庭教師4
著者 七野りく
イラスト cura
発売日 2019年10月19日
レーベル ファンタジア文庫
ページ数 328

 

感想

貴志貴志
貴志貴志

色々と熱い展開でした。

ティナたちがおねだりした試験のご褒美、アレンの夏季休暇の帰省に同行していました。

アレンがどういった生い立ちを過ごしたのか、両親との関係、故郷の獣人族との関係、そしてラストの展開。どれも熱かったです。

ティナたちの成長を見ていると、リディヤにも匹敵するのでは?と思っていましたが、剣姫の本領に圧巻されました。

ティナたちがこれから剣姫に並べれるのかと、これからの成長に期待です。

成長と言えば水着に浴衣回でした!ちょっと自分が読んだ本にはリディヤとカレンの水着しかのってなかったので、他の方にティナたちの水着姿の挿絵があったのなら見せて貰いたいです!ロリの水着が足りない


公女殿下の家庭教師4 氷炎の姫君と夏休みに王国を救います (富士見ファンタジア文庫)

コメント

  1. […] 四巻の感想→『公女殿下の家庭教師4』 […]

タイトルとURLをコピーしました