大地が砕け散り無数の島が生まれた世界の中で、少女と青年の旅がはじまる。『浮遊世界のエアロノーツ 飛空船乗りと風使いの少女』【感想】

ライトノベル

 

 

あらすじ

この世界に大地はない――世界は一度ばらばらに崩れ落ち、人々は大地から切り離された浮遊島で生活をしていた。
とある孤島で両親を待ち続けていた少女・アリアは、飛空船乗りの青年・泊人と出会い、両親を捜す旅に出る。
世界を変える《干渉力》の才能を持つが故に人々から疎まれ、心を閉ざしていたアリア。自由気ままな飛空船乗りの泊人や、文化や価値観の異なる島の住人たちとの交流のなかで、少女は《風使い》としての力を開花させていく――。
広大な空に浮かぶ島々を巡る、驚きと発見に満ち溢れた自分探しの旅。心躍るロードノベル開幕!

電撃文庫からの引用

 

 

作品

タイトル 浮遊世界のエアロノーツ 飛空船乗りと風使いの少女
著者 森 日向
イラスト にもし
発売日 2021年5月8日
ISBN 9784049138283
ページ数 360

 

感想

貴志貴志
貴志貴志

自分の両親を探すために少女が飛空船乗りとのロードノベルです

しらかみちゃん
しらかみちゃん

人に無関心な泊人と関心的なアリアの正反対は二人の物語

貴志貴志
貴志貴志

個性ある島々を渡りアリアは記憶と両親を、泊人は始まりの島を探すために行く先先で問題ごとがあってそれを解決しながら手がかりを見つけていました

しらかみちゃん
しらかみちゃん

いや〜心温まるエピソードでした

貴志貴志
貴志貴志

にもし先生が手がけるイラストの作品はどうしてこうポカポカさせてくるのか

しらかみちゃん
しらかみちゃん

まぁ2作品しか読んだことはありませんが!

貴志貴志
貴志貴志

この世界は《干渉力》という心の働きが現実に影響を与える力により暴走していたアリアを泊人が助けたことから二人の関係が始まります

しらかみちゃん
しらかみちゃん

特にアリアのは強そうでした

貴志貴志
貴志貴志

風を扱う力。けど記憶を失い感情のコントロールが不安定なアリアは基本この力を使わずです

しらかみちゃん
しらかみちゃん

大きすぎる力は身を滅ぼすってね

貴志貴志
貴志貴志

この旅の目的がアリアの《干渉力》、心を落ち着けるためのものでした

島々には個性の塊か!ってくらいのファンタジーが詰め込まれていました

しらかみちゃん
しらかみちゃん

妖精に大監獄、時が繰り返されたりと無限に広がっていました

貴志貴志
貴志貴志

そんな島々でのちょっとしたから大きな問題までは二人が協力して乗り越えて

しらかみちゃん
しらかみちゃん

初めはほぼ泊人だけで解決できてたり笑

貴志貴志
貴志貴志

本来一人で旅をしていた泊人だからこそ、そして深入りをしないからこその解決

しらかみちゃん
しらかみちゃん

でもそれはアリアが許さなかったです

貴志貴志
貴志貴志

人と向き合い、泊人とは違う視点で解決へ向かっていましたね

しらかみちゃん
しらかみちゃん

特におすすめは何処ですか?

貴志貴志
貴志貴志

やはり後半の時を繰り返す島と最後の島ですね

しらかみちゃん
しらかみちゃん

感動ものでした

貴志貴志
貴志貴志

特に後半になるにつれて泊人がアリアに、アリアが泊人に影響を受けている感じがよく分かりました

しらかみちゃん
しらかみちゃん

正反対の二人が互いの不足している部分を補い合っていたけど、その部分が埋め合わさり成長していく感じでした

貴志貴志
貴志貴志

見て分かるくらいアリアが成長しているのに対して泊人は人間味が滲み出ていました

しらかみちゃん
しらかみちゃん

多分最後の展開は二人が一緒に過ごしたからこその展開!でしたね

貴志貴志
貴志貴志

次読みたいですね

しらかみちゃん
しらかみちゃん

ホントにですね

貴志貴志
貴志貴志

笑って泣ける、心温まる作品は貴重ですからもっと追いかけて行きたいです


浮遊世界のエアロノーツ 飛空船乗りと風使いの少女 (電撃文庫)

コメント

タイトルとURLをコピーしました