嫌い合う二人の結婚生活に芽生える想い。この気持ちに、名前はまだない。『クラスの大嫌いな女子と結婚することになった。2』【感想】

ライトノベル

一巻の感想→『クラスの大嫌いな女子と結婚することになった。

 

あらすじ

新婚生活をスタートした才人と朱音。時にはぶつかりながら、お互いのことを理解して順調に距離を縮めていく。
学校では結婚していることが周囲にバレないよう気を付けて過ごしていたが……。
ある日朱音は陽鞠から予想外の告白をされる。
「私、ね。その……才人くんのこと、好き、なんだ」
親友である陽鞠の願いに応えるために協力を決めた朱音は、才人のことをもっと知るために動き出す。朱音の協力のおかげで、急接近する才人と陽鞠――。
朱音は親友の喜ぶ姿が見られて嬉しい気持ちの一方、胸の中で広がる”モヤモヤ”に困惑してしまい……?
素直になれそうでなれない、もどかしい高校生夫婦の胸キュン新婚生活第2弾!

Amazonから引用

 

 

作品

タイトル クラスの大嫌いな女子と結婚することになった。2
著者 天乃 聖樹
イラスト 成海 七海
発売日 2021年4月24日
レーベル MF文庫J
ページ数 264

 

感想

貴志貴志
貴志貴志

陽鞠からの予想外の告白。それを聞いた朱音の複雑な気持ち。嫌い合う二人に芽生える想いの気持ちにまだ名前はなくて。

陽鞠の猛攻でしたね。あの朱音と親友をやっている陽鞠らしい行動。誰にでも分け隔てなく接せれる陽鞠が、くせのある才人と朱音ともフレンドリーな理由に納得です。

恋は盲目なのか、陽鞠自身は気持ち素直になりつつ、朱音のことを気にしていて、どちらかと言うと盲目なのは朱音の方って感じで。

親友でいるために、親友のためにと動く朱音の不審な行動に才人が危機感を覚えたり、素直になれば逆に不審に思われたりと喧嘩していて。

けど、あの騒動で我を忘れている朱音の距離感近くなりすぎるという普段とは違うギャップ、そして何より最後の行動、その気持ちに気づいていないからこその破壊力が強すぎました。


クラスの大嫌いな女子と結婚することになった。2【電子特典付き】 (MF文庫J)

コメント

タイトルとURLをコピーしました