完璧を演じるお嬢様との、お世話から始まる甘々ラブコメ!!『才女のお世話1』【感想】

ライトノベル

 

 

あらすじ

男子高校生・友成伊月は、誘拐に巻き込まれたことが切っ掛けで、日本随一の財閥のお嬢様・此花雛子のお世話係をすることに。
表向きは才色兼備な雛子だが、その正体は生活能力皆無のぐうたら娘だった。
しかし、家の都合で、学院では「完璧なお嬢様」を演じなければならない雛子。そんな彼女を守りたいと思い、甲斐甲斐しく世話を焼く伊月。
やがて雛子も伊月に全力で甘えてくるようになって――

「今は……伊月が傍にいない方が、嫌」

ギャップ可愛いお嬢様との主従を越えて始まる恋物語。

Amazonから引用

 

 

作品

タイトル 才女のお世話1
著者 坂石遊作
イラスト みわべさくら
発売日 2021年5月1日
レーベル HJ文庫
ページ数 351

 

感想

貴志貴志
貴志貴志

男子高校生・友成伊月は誘拐に巻き込まれたことが切っ掛けで、日本随一の財閥のお嬢様・此花雛子のお世話係をすることに。

表向きは才色兼備な雛子だが、その正体は生活能力皆無のぐうたら娘。

甘えん坊でぐうたらなお嬢と紡ぐ青春ラブコメ。

貴志貴志
貴志貴志

高嶺の花モードとぐうたらなギャップが可愛いお嬢様。人の見る目の中で、ここまで演じきれるもんなんだなと感心でした。

本来の素の状態のだらけっぷりもまた可愛いかったです。一人ではペットボトルすら上手く飲めないくらいで、こんなお嬢様のお世話係になった伊月が羨ましく思い、ましたが予想以上のだらけっぷりでした。

ですが、伊月の家庭環境から雛子の境遇を理解していくにつれて、自分なりのお世話係の意味を理解して雛子と接していました。

雛子が伊月に懐いている理由。本能的な部分でなのか、ほとんど警戒心がなく、本当にお世話係って感じでしたが、伊月が他の女の子と接している時に見せる表情に、無意識下で懐いているんだなと。

高飛車のようでお節介なお嬢様、周りに怖がられてるけど実は気弱で友達が欲しいお嬢様と話題なヒロイン達と繋がっていました。


【電子版限定特典付き】才女のお世話1 高嶺の花だらけな名門校で、学院一のお嬢様(生活能力皆無)を陰ながらお世話することになりました (HJ文庫)

コメント

タイトルとURLをコピーしました