幼馴染の妹の家庭教師をはじめたら3 再会した幼馴染の家庭教師もすることに【感想】

ライトノベル

二巻の感想→『幼馴染の妹の家庭教師をはじめたら2

 

 

あらすじ

恋人同士になって甘々な日々を過ごす愛沙と康貴の前に、幼馴染の入野有紀が転入生としてやってくる。男だと勘違いしていた康貴が戸惑う中、美少女になった有紀は、とある悩みから家庭教師を依頼してきて……。

Amazonから引用

 

 

作品

タイトル 幼馴染の妹の家庭教師をはじめたら3
著者 すかいふぁーむ
イラスト 葛坊 煽
発売日 2021年3月19日
レーベル ファンタジア文庫
ページ数 328

 

感想

貴志貴志
貴志貴志

過去と現在、そして未来へと変わり続ける新たな幼馴染が可愛いすぎた。

二人の関係がステップアップしての3巻。ぎこちなく、でも甘々な関係の二人でしたが、だからこその新たな問題が複数浮上していました。

新たな幼馴染の正体とポテンシャル、妹のまなみはサポートをしながらも康貴の隣を奪い取ろうとしていて、妹の無邪気な顔から恋する乙女の顔へと変わっていました。

二人の関係は少しずつでしたが、今回はやはり新たな幼馴染の変化が大きく、その変化に康貴と愛沙がどう向き合っていくか楽しみでした。


幼馴染の妹の家庭教師をはじめたら3 再会した幼馴染の家庭教師もすることに (富士見ファンタジア文庫)

コメント

タイトルとURLをコピーしました