心は両想い。なのに――本音が隠れすぎてて結ばれない!?『あまのじゃくな氷室さん 好感度100%から始める毒舌女子の落としかた』【感想】

ライトノベル

 

 

あらすじ

完全無欠な優等生だが、高圧的で性格はキツく毒舌ばかりの生徒会長・氷室涼葉。そんな彼女に想いを寄せる副会長・田島愛斗は、ある日彼女の言葉の裏に隠された“本当の気持ち”が聞こえるようになっていた! そんな涼葉の本音――それはなんと、あの辛辣でキツい態度や毒舌の何もかもが建前で、本当の彼女は愛斗にべた惚れだったのだ! お互い両想いとわかって喜ぶ愛斗。解答付きの恋愛ならハッピーエンドなんて楽勝だよね! ということでさっそく告白をしたものの……断られちゃった!?
MF文庫Jが贈る、答えがわかっているのにすれ違っちゃう捻れ系青春ラブコメ開幕!

Amazonから引用

 

 

作品

タイトル あまのじゃくな氷室さん
著者 広ノ祥人
イラスト うなさか
発売日 2017年12月25日
レーベル MF文庫J
ページ数 264

 

感想

貴志貴志
貴志貴志

好きな人の本音を知れて告白して玉砕。こんなヒロインどうやって攻略するんだ!って笑いましたね。

表現するのが苦手で本音を話せない氷室さんに対して本音も聞こえてくる田島の対応のしずらそうで、気持ちが分かっているのに素直に行動に移せないのがもどかしかったです。

ギャル系の砂城は凄く好感を持てました。氷室さんの建前状態とは言え、酷いことを言っているのに対して、しっかりとそれは違うと言っていた辺りのポイントが高く推せました。


あまのじゃくな氷室さん 好感度100%から始める毒舌女子の落としかた (MF文庫J)

コメント

タイトルとURLをコピーしました