忘れられない、宝物みたいに眩しい夏が始まる『ホヅミ先生と茉莉くんと。 Day.3 青い日向で咲いた白の花』【感想】

ライトノベル

 

 

あらすじ

“茉莉ちゃんに頼みたい仕事があるの”
出版社が主催する夏のイベント準備に奔走する双夜から、ホヅミに届けられた一通の相談メール。それはイベントの企画で“放課後、制服姿の君と。”のメインヒロイン、日向葵のコスプレを茉莉にしてもらえないか、というもので……!?
みんなで訪れた海や一面に広がるひまわり畑、肩を並べて見上げた花火、突然のお泊まり――宝物みたいに眩しい季節はあっという間に過ぎていく。
そして、迎えた夏の終わり。ホヅミと茉莉が辿り着いた景色は――。
拗らせ作家×世話焼きJKが贈る忘れられないひと夏のハートウォーミングラブコメ、シリーズ第3弾!

電撃文庫から引用

 

作品

タイトル ホヅミ先生と茉莉くんと。 Day.3 青い日向で咲いた白の花
著者 葉月 文
イラスト DSマイル
発売日 2021年10月8日
ISBN 9784049139334
ページ数 324

 

感想

 

貴志貴志
貴志貴志

水着回を忘れるほどのラストの展開を見逃すな!

しらかみちゃん
しらかみちゃん

水着に浴衣にと夏を満喫する今回でした

貴志貴志
貴志貴志

先に水着について語りましょう

しらかみちゃん
しらかみちゃん

ホヅミがビキニ指定だったので皆ビキニになってしまい嬉しい気持ちとポンコツはワンピースだろ!という残念な気持ちがぶつかり合っていました

貴志貴志
貴志貴志

スタイルが良く胸が出すぎていないはずのポンコツはフリルつきの可愛いワンピース姿が見たかったですね

しらかみちゃん
しらかみちゃん

他の人たちの水着はもちろん素晴らしかったですが、やはり1人だけビキニではない姿の人がいても良かったと思うんですよ

貴志貴志
貴志貴志

ウミと絵里さん……🥺

しらかみちゃん
しらかみちゃん

後半のイベントは最高でしたね

貴志貴志
貴志貴志

茉莉の神対応により本が売れていく様は自分も持っていてももう一冊買ってしまいそうになります

しらかみちゃん
しらかみちゃん

ハプニングからの茉莉の我が儘

貴志貴志
貴志貴志

大人として正しいことを言う双夜に対してホヅミが出した答え

しらかみちゃん
しらかみちゃん

茉莉が子どもだからこそ出せる答えと大人だから否定しなければならない周り

貴志貴志
貴志貴志

だけど失敗ではないにしろ今やりたいことが出来ない現状にホヅミの気持ちがぶつかり合っていて

しらかみちゃん
しらかみちゃん

茉莉のために作り替える物語

貴志貴志
貴志貴志

茉莉の決意と行動がファン以上の何かを見せられていて、ホヅミの隣に立っている姿の堂々さがまさに正妻感がありました

しらかみちゃん
しらかみちゃん

ポンコツには申し訳ないけどやはり茉莉が隣に相応しそうで

貴志貴志
貴志貴志

だけど茉莉の好きはまだ違う意味で付け入る隙がありそうで

しらかみちゃん
しらかみちゃん

ここで終わりなのか、ここから更なる物語が紡がれるのか楽しみですね

ホヅミ先生と茉莉くんと。 Day.3 青い日向で咲いた白の花【電子特別版】
忘れられない、宝物みたいに眩しい夏が始まる――。 “茉莉ちゃんに頼みたい仕事があるの”  出版社が主催する夏のイベント準備に奔走する双夜から、ホヅミに届けられた一通の相談メール。それはイベントの企画で“放課後、制服姿の君と。”のメインヒロイン、日…




 

コメント

タイトルとURLをコピーしました