時間泥棒ちゃんはドキドキさせたい 俺の夏休みをかけた恋愛心理戦 ★★★★☆

ライトノベル

 

 

あらすじ

わたしとゲームをしましょう――。ドキドキしたら負けの心理戦ラブコメ!

一学期の最終日。日常に飽き飽きし、ただ毎日を消化していた高校生・加嶋颯は、クラスのアイドル・藤ノ宮白雪からまさかの告白を受ける。だが次の瞬間、颯は9月1日へとタイムリープし、夏休みが始まる前に終わっていた!
白雪の正体は、その美貌で人を惑わし、謎の砂時計で相手の「時」を奪う“時間泥棒”。夏休みをまるごと盗まれた颯は、1ヶ月分の「時」を取り返すため、彼女との壮絶な心理戦に挑むことになるが……。
デート中に相手にドキドキすると「時」を奪われる「時間争奪ゲーム」――これは、高一の夏休みを盗まれた俺が青春を取り戻す物語である。

Amazonから引用

 

 

作品

タイトル 時間泥棒ちゃんはドキドキさせたい 俺の夏休みをかけた恋愛心理戦
著者 ミサキナギ
イラスト うなさか
発売日 2020年12月10日
レーベル 電撃文庫
ページ数 344

 

感想

一学期の最終日、クラスのアイドル・藤ノ宮白雪から告白され91日へとタイムリープしたこと始まる時間泥棒との心理戦(という名のデート)ラブコメ。

 

ヒロインの裏表ある性格が良かったですね。時間泥棒という前提を理由に主人公とデートして、本音を隠した良い顔の白雪に、自分にだけ見せる裏の顔にドキドキで。取られた時間を取り戻すという理由があるからこその関係で、その関係が障害で主人公の裏読みと白雪の思惑が交差していませんでした。


時間泥棒ちゃんはドキドキさせたい 俺の夏休みをかけた恋愛心理戦 (電撃文庫)

コメント

タイトルとURLをコピーしました