”普通”になれない二人が見つけた、青春の雨宿り先『門番少女と雨宿りの日常』【感想】

ライトノベル

 

 

あらすじ

家にも教室にも居場所のない元不良の碧木が出会った、1学年先輩の雨森。世の中に馴染めない二人は、閉鎖された屋上前でひとときを過ごし、心を通じ合わせていく。第33回ファンタジア大賞入選作の青春グラフィティ

ファンタジア文庫から引用

 

 

作品

タイトル 門番少女と雨宿りの日常
著者 寿司サンダー
イラスト 姐川
発売日 2021年6月18日
ISBN 978-4040741406
ページ数 292

 

おすすめポイント!
・似たようで少し違う2人
・現状に逃げる者と向き合う者
・ラブコメではない青春ラブストーリー

感想

 

貴志貴志
貴志貴志

重いようなふわふわしたような作品でした

しらかみちゃん
しらかみちゃん

教室に居場所がなく屋上に行ったら門番の如く鎮座する美少女雨森先輩

貴志貴志
貴志貴志

何故かそこを居場所とする彼女と居場所がない碧木との譲らない合い

しらかみちゃん
しらかみちゃん

最終的雨森先輩が折れて二人の奇妙な関係が出来上がっていました

貴志貴志
貴志貴志

マウントをとりたがる雨森先輩とその残念さに突っ込み続ける碧木って感じでした

しらかみちゃん
しらかみちゃん

お互いの共通友達がいない、居場所がない

貴志貴志
貴志貴志

なのに雨森先輩が友達の作り方を享受していました

しらかみちゃん
しらかみちゃん

そんな碧木に歩みを寄せたのは学級委員の草野

貴志貴志
貴志貴志

表紙と挿絵見て、雨森先輩と草野のイラスト逆じゃね?って思いました

しらかみちゃん
しらかみちゃん

学級委員って真面目なイメージでしたから金髪が意外でした

貴志貴志
貴志貴志

周りに嫌悪されながらも話しかける草野の真意

しらかみちゃん
しらかみちゃん

分かります。この子にはヤンデレの素質がある!

貴志貴志
貴志貴志

女の子匂いを感じさせれば追求し、暇でなくても無理にでも時間を作らせる、合格です

しらかみちゃん
しらかみちゃん

そんな草野と一緒にいる川橋

貴志貴志
貴志貴志

凄く怯えてられていました

しらかみちゃん
しらかみちゃん

碧木を触っちゃいけない存在だと理解して関わる前から苦手意識全開

貴志貴志
貴志貴志

これは他の生徒もそうですね。中学のこともあり碧木照は触れるな危険!ってイメージが出来ていました

しらかみちゃん
しらかみちゃん

そんな碧木も今のままではダメだと雨森先輩から助力を得て変わろうとしていました

貴志貴志
貴志貴志

そんな雨森先輩は美少女だけど残念な子で

しらかみちゃん
しらかみちゃん

過去のことを考えれば仕方ないですが、この人もまた過去に囚われた人でした

貴志貴志
貴志貴志

「逃げること」がテーマ?って少し違いますが、そこからどう立ち向かうかを描いた青春ストーリーでした

しらかみちゃん
しらかみちゃん

同族を見つけて楽しそうな雨森先輩。碧木と同じ存在、だけど二人は違う道を進んでいました

貴志貴志
貴志貴志

現状維持で後退する雨森先輩と、後退しているかもだけど前に進む碧木との対比がありました

しらかみちゃん
しらかみちゃん

ラブコメではなく青春ストーリーで皆んなが悩んでぶつかっての物語

最近ラブコメが多いラノベの中では新鮮な作品でした


門番少女と雨宿りの日常 (富士見ファンタジア文庫)




 

コメント

タイトルとURLをコピーしました