異世界、襲来02 ★★★☆☆

ライトノベル

一巻の感想→『異世界、襲来01

 

 

あらすじ

激化する対異世界革命的戦記。舞台は関西へ――

水上租界《那由多》に辿り着くもその矢先、分断された一行。ユウとアインは大魔術師クアルダルドの《ポータル》に囚われ、伊集院たちは《那由多》を統治している亡命エルフの理事会と接触していた。理事会と国防軍との間に生じる不穏な空気を感じながらも、久々の文化的な生活を満喫する伊集院たち。一方のユウとアインはクアルダルドの歓迎に戸惑いつつ脱出方法の模索を開始する。そんななか、ユウは三号を継承することに対して抵抗を感じていた。皆の希望となって戦うこと、ヒーローとしての資質に対して悩み始めた彼が出した答えは……。丈月城×しらびによるヒーローVS異世界の革命的戦記、怒濤の第2巻! 今、王は帰還する――。

Amazonから引用

 

作品

タイトル 異世界、襲来02
著者 丈月城
イラスト しらび
発売日 2020年7月20日
レーベル MF文庫J
ページ数 292

 

感想

水上稚界での生活。エルフの生態や考え方に合わない人達との関係性。

そんな生活の中で三号を継承することに対しては消極的なユウでした。前回通り守るものに対して悩み、ヒーローとしての資質が自分にあるのかと苦悩していました。

そんな中で敵が攻めてきての戦闘。

内部対立する人達から敵まででてきてユウの選んだ答えの通りに動いていました。

 
異世界、襲来 02 王の帰還 (MF文庫J)

コメント

タイトルとURLをコピーしました