異性の大親友にドキドキさせられっぱなしの思春期競技かるたラブコメ『大親友が女の子だと思春期に困る ようこそ1000分の1秒の世界へ!』【感想】

ライトノベル

 

 

あらすじ

小学生の頃から全然変わらない親友(女子)――って変わらなすぎだろ!

臣守奏治と巴桃亜は、性別を超えた大親友だ。共通点だった“競技かるた”を通じて仲良くなった幼き日の二人は、いつでもどこでも一緒にいた。だが小学四年生の終わりに、二人は離ればなれになり――五年越しに高校で再会。そんな奏治の前に現れたのは、外見はすっかり女の子らしくなったのに、中身はあの頃と何も変わらず、当時とまったく同じようにベタベタしてくる桃亜だった! プロレスごっこだの連れションだの、さすがに思春期の男女がやることじゃない! でも……桃亜と一緒にかるたをできるのは、素直に嬉しかった。
――異性の大親友にドキドキさせられっぱなしの思春期競技かるたラブコメ、ここに爆誕!

Amazonから引用

 

 

作品

タイトル 大親友が女の子だと思春期に困る ようこそ1000分の1秒の世界へ!
著者 赤福 大和
イラスト さばみぞれ
発売日 2021年4月24日
レーベル MF文庫J
ページ数 328

 

感想

貴志貴志
貴志貴志

自分を普通の友達扱いしてくれる存在に時を経ても気持ちは変わらず、あの頃のままで接する桃亜に対して、暴力的なまでに育った胸の存在をあの頃のように押し付けられて意識せずにいられるのかいや無理だ!

って感じでしたね。心はあの頃のまま、身体は女へと成長した大親友。昼夜逆転の術とか最高かよ。目の前で着替えが見れるの最高かよ。それでいて親友だとか生殺しかよ!そして116ページの挿絵がヤバだよ!でした。

二人が親友でいられるか、競技かるたが主軸になる物語で、ライバルが対極の存在を表していました。


大親友が女の子だと思春期に困る ようこそ1000分の1秒の世界へ! (MF文庫J)

コメント

タイトルとURLをコピーしました