真香先生のライバルは家庭教師の「先生」!?『僕のカノジョ先生4』【感想】

ライトノベル

三巻の感想→『僕のカノジョ先生3

 

 

あらすじ

「おっぱいで君の指使いを確かめてあげるから……」
僕・彩木慎は“カノジョ”を自称する美人教師・藤城真香先生のえっちな指導にノックアウト寸前で、いつ理性がぶっ飛んでもおかしくない毎日を送っていた。そんな中、期末試験を控えた僕に、両親が突然家庭教師を付けると言い出した。京御詩夜――同じマンションに住む幼なじみで、女子大生のお姉さんだ。まさかの“新たな美人先生”の登場に焦る真香先生の行動はさらにエスカレートしていって!? そして、カレン会長には何か悩みがあるみたいで……? 絶対に両想いになってはいけない(!?)二人の禁断ラブコメ、四時間目!

Amazonから引用

 

 

作品

タイトル 僕のカノジョ先生4
著者 鏡 遊
イラスト おりょう
発売日 2019年6月25日
レーベル MF文庫J
ページ数 264

 

感想

 

貴志貴志
貴志貴志

カレン会長回!と年上女子大生幼なじみのお姉さん登場でした。

慎が先生嫌いになった起源ここにありのカレン会長の過去がありました。

年上キャラが慎に迫っていることに真香先生の焦りから行動が大胆に、そして若干の幼児退行し始めていて笑いました。

そういえばこの巻だけで三人くらいの胸揉んでましたね慎。ヒロイン達がおかしいのか、慎がおかしいのか。当たり前のように胸を揉んだりキスしたりと。

とにかく妹との距離感がおかしいくらいで、妹もそこまで気にしてない点に、なぜSID同盟に入っているのか疑問が出たり。

カレン会長と慎との馴れ初め。今に至る二人と何故カレン会長が慎を好きになったのか納得の巻でした。


僕のカノジョ先生4 (MF文庫J)

 

コメント

  1. […] 四巻の感想→『僕のカノジョ先生4』 […]

タイトルとURLをコピーしました