私はサキュバスじゃありません3 ★★★★★

ライトノベル

二巻の感想→『私はサキュバスじゃありません2

 

 

あらすじ

エッチで笑えて胸キュン…話題の勘違いラブコメディ第3弾は魔王城が舞台!

学園に襲撃した魔族との戦闘で、
リーズリンデは一時的にサキュバスとしての力と記憶を取り戻したが、
またすぐに、清楚で純真な人格へと戻ってしまっていた。
その身に秘めた力を安定して発揮できるようになるために、
リーズリンデは何も知らないまま、
勇者パーティーの訓練に強制的に参加させられることになった。
そんなある日、学園街の外れに大きな空間の歪みを感知する。
その歪みから魔王の使者が現れ、勇者カインに決闘を申し込んだ。
申し出を受けたカインは勇者パーティーを連れて、
人類の敵の本拠地、魔王城に乗り込むのだが――。

Amazonから引用

  

作品

タイトル 私はサキュバスじゃありません3
著者 小東 のら
イラスト 和錆
発売日 2020年3月30日
レーベル ヒーロー文庫
ページ数 344

 

感想

VS魔王再び?という展開でした。

一時的に記憶を取り戻したリズはまた元に戻り勇者パーティーと一緒に訓練に参加。何故かバニーガールの衣装で特訓したり魔王軍大隊長だった人が来たりしてました。

バニーガールの件から男性人の苦難が想像できて、それを楽しそうにしているリズを想像すると楽しそうで。今回のとばっちりはオークでしたね。

リズの秘密が明らかになりましたがそれ以上にオークが可哀想と思えた作品は初めてかもです。

新たな敵が分かりつつ、未知の存在に不安もありましたが最後に一言、ゆうべはお楽しみでしたねwww

 


私はサキュバスじゃありません 3 (ヒーロー文庫)

コメント

  1. […] 三巻の感想→『私はサキュバスじゃありません3』 […]

タイトルとURLをコピーしました