私はサキュバスじゃありません4 ★★★★★

ライトノベル

三巻の感想→『私はサキュバスじゃありません3

 

 

あらすじ

「おっぱいよこせよっ」「パンツが見てぇっ」「セック〇に興味がおありですか」――?煩悩炸裂の萌えコメディでドキドキ!

魔王家と同盟を結ぶことになった勇者たちとバッヘルガルン王家。
その交渉のために、シルフォニア王女の兄アンゼル王子と
妹のリミフィニア王女が学園街にやってきた。
元魔王と交流を深めて交渉を進めるが、
勇者カインの幼馴染で元魔王軍大隊長だった
ヴォルフとリミフィニアは、三年前に出会っていたことがわかった。
敵国に捕まったリミフィニアはヴォルフに助けられたことがきっかけで、
彼に激しい恋をしていたのだ。
そんな王女様に、護衛や従者たちだけでなく、
想いを寄せられるヴォルフまでも困惑する。
12歳のリミフィニアからのアプローチに、
ロリコン疑惑まで持たれるヴォルフ。
リーズリンデたちは二人の恋を応援できるのか?
魔王家との交渉は?
リミフィニア王女の恋の包囲戦が、今始まる。

Amazonから引用

  

作品

タイトル 私はサキュバスじゃありません4
著者 小東 のら
イラスト 和錆
発売日 2020年8月31日
レーベル ヒーロー文庫
ページ数 360

 

感想

今回はヴォルフがメインって感じでしたね。

自分の信念に従い嫌いなものを助けた結果好かれてしまったロリコン野郎。

本人はその意思がないのに外堀が徐々に埋まっていく展開と何度もお縄につくから可哀面白かったです。

温泉からコスプレ喫茶、そして何より勇者パーティーの実力の凄さが改めてわかりました。『誰でもできる!勇者式ブートキャンプ』で皆んなも勇者パーティーに仲間入だー。

 


私はサキュバスじゃありません 4 (ヒーロー文庫)

コメント

  1. […] 四巻の感想→『私はサキュバスじゃありません4 』 […]

タイトルとURLをコピーしました