義妹生活2【感想】

ライトノベル

一巻の感想→『義妹生活

 

あらすじ

兄妹の想い。知らない感情。 不器用に寄り添う二人の幸福な日々。

高校生の浅村悠太は親の再婚を機に、学年で一番の美少女・綾瀬沙季と一つ屋根の下で兄妹として暮らすことになった。
同年代の異性との生活に慣れないながらも、どこか似たもの同士だった二人の距離感はお互いに程良く保たれていた。
だが、定期テストをきっかけに沙季の様子に異変が生じる。
苦手教科に悩む沙季を心配し、その支えになろうと考えた悠太は、彼女の勉強環境を整えたり、集中できる音楽を探したり、さまざまな工夫を凝らしていく。
しかしそれと時を同じくして、悠太はバイト先の先輩である美人女子大生・読売栞からデートに誘われる。
その事実を耳にしたとき、沙季の心に浮かび上がった“ある感情”とは……?

Amazonから引用

 

 

作品

タイトル 義妹生活2
著者 三河 ごーすと
イラスト Hiten
発売日 2021年3月25日衣
レーベル MF文庫J
ページ数 264

 

感想

貴志貴志
貴志貴志

すり合わせで生活している二人の関係にモヤモヤした感覚が湧いてきて、その気持ちの正体が何なのか分からずに二人の関係が少しずつ変化していっていました。

綾瀬さんの行動が少しずつ変わっていっているかと思ったら大胆になっていましたね。

貴志貴志
貴志貴志

読売先輩の誰にでも見せない表情はただの後輩くんにだからなのかと近しい感覚で、こんな先輩欲しかったなと思えて。

読売先輩もそうですが、丸も頭が良くて、勉強もそうですが相手にかまをかけて言葉を引き出す技術が上手いなと関心でした。

 

 


義妹生活2【電子特典付き】 (MF文庫J)

コメント

タイトルとURLをコピーしました