董白伝〜魔王令嬢から始める三国志〜2 ★★★☆☆

ライトノベル

一巻の感想→『董白伝〜魔王令嬢から始める三国志〜

 

 

あらすじ

“虎威将軍”をリクルート!?

相国を拝命し、いよいよ国外逃亡が難しくなってきた董白。

「こうなったら……リクルートです!」

生存戦略のため関羽を仲間に引き入れようとするも、これが“義侠”の逆鱗に触れてしまい……。
そんなとき、後に“虎威将軍”と呼ばれる青年が敵陣にいることを知る。

名は趙雲、字は子龍。

窮地に立つ董白は、彼のリクルーティングに一縷の望みを託すのだが――?

孫堅の襲来。伝国の玉璽。呂布と陳宮の暗躍。そして、長安遷都。

絶えず流れを変える歴史の渦のなか、幼き魔王が打つ一手とは?
打擲(ちょうちゃく)幼女の覇道ファンタジー、第2幕!

Amazonから引用

  

作品

タイトル 董白伝〜魔王令嬢から始める三国志〜2
著者 伊崎 喬助
イラスト カンザリン
発売日 2020年6月18日
レーベル ガガガ文庫
ページ数 359

 

感想

孫堅襲来から陛下との結婚政略結婚問題。相変わらず命辛々という展開。武力を得ようにもその才はなく、頭を使っていて蜀の主力メンバーが勢揃いする展開。

敵の力が大きすぎてダメそうな展開しか見えないのに生きるためならか上手く立ち回っていました。

 


董白伝~魔王令嬢から始める三国志~ 2 (ガガガ文庫)

コメント

タイトルとURLをコピーしました