辺境都市の育成者2 再来の宝玉

ライトノベル

一巻の感想→『辺境都市の育成者

 

 

あらすじ

新たなる弟子の陰で、”育成者”の過去に迫る騒動が始まる!?

ハルの指導から2年。雷龍を倒し、特階位になったレベッカ。辺境都市に一時帰還すると、新たなる弟子候補の少女たちが現れて……。さらに、『育成者』ハルの過去と新たなる弟子に関わった陰謀に巻き込まれ――!?

Amazonから引用

 

ファンタジア文庫特設ページ

作品

タイトル 辺境都市の育成者2
著者 七野りく
イラスト 福きつね
発売日 2020年12月19日
レーベル ファンタジア文庫
ページ数 328

 

感想

二年ぶりにハルと再会したレベッカ。再会の場に現れたのは今は亡き姉弟子の孫・タバサだった。

悩むタバサをやんわりと導いていたレベッカの成長が見れました。

だけど元が変わっていなく、ハルへの好意が目に見えていてタバサにも揶揄われていて微笑ましかったです。

ロリでヘソだしの服装というポイントの高い服装。

ハルの巧みな言葉使いにタバサも落ちていっていました。物語は巨大な陰謀が渦巻き、動いていました。

特位階級になったレベッカで関わっていける壮大な展開でした。

 
辺境都市の育成者2 再来の宝玉 (富士見ファンタジア文庫)

コメント

タイトルとURLをコピーしました