青春ブタ野郎はナイチンゲールの夢を見ない

ライトノベル

電撃文庫特設ページ

十巻の感想→『青春ブタ野郎は迷えるシンガーの夢を見ない

 

 

あらすじ

ちょっと不思議な青春物語――再会した彼女は“正義の味方”?な第11弾!

突如咲太の目の前に現れた、霧島透子を名乗るミニスカサンタ。彼女が「思春期症候群をプレゼントした」という学生たちのなかには、咲太の中学時代のクラスメイト・赤城郁実がいて――。
書き込んだ夢が正夢になる、と学生たちのSNSで話題の都市伝説『#夢見る』。郁実がそれを利用し、「正義の味方」として人助けしている姿を目撃した咲太は、彼女の身体がポルターガイストのような現象に襲われていることを知る。しかもその原因は過去の咲太にあるらしく……!?
「ねえ、梓川君。ひとつ勝負をしない?」
鍵をかけていた過去の扉をあける、シリーズ第11弾。

Amazonから引用

 

 

作品

タイトル 青春ブタ野郎はナイチンゲールの夢を見ない
著者 鴨志田 一 
イラスト 溝口 ケージ
発売日 2020年12月10日
レーベル 電撃文庫
ページ数 344

 

感想

正義の味方、ナースのコスプレ姿の赤城郁美との過去の扉をあける勝負。郁美の交友関係に意外な人物が出てきましたね。

#夢見る』を巡る郁美との勝負、思春期症候群の原因から現れる症状の理由、真面目な郁美からは想像を超えた結果に驚きを隠せませんでした。上里も出てきて満足の展開でした。

 
青春ブタ野郎はナイチンゲールの夢を見ない 『青春ブタ野郎』シリーズ (電撃文庫)

コメント

タイトルとURLをコピーしました